トヨタ新型「カローラ“クロス”」初公開! 斬新フェイスに「カッコイイ」の声も! 400万円超「コンパクトSUV」泰での発表に反響集まる

2024年2月8日にタイでマイナーチェンジを遂げたトヨタ新型「カローラクロス」が初公開され、日本のユーザーからも多くの反響が集まっています。

新型「カローラクロス タイ仕様」日本よりもかっこいい!?

 トヨタのタイ法人は、マイナーチェンジを遂げた新型「カローラクロス」を2024年2月8日に初公開しました。
 
 日本でも支持を集めるカローラクロスの新型モデルの登場に、ユーザーからも多くの反響が集まっています。

こっちのほうがカッコイイ? トヨタ新型「カローラクロス」
こっちのほうがカッコイイ? トヨタ新型「カローラクロス」

 カローラクロスは、2020年7月にタイで世界初公開されたコンパクトSUVで、2021年9月には日本仕様も登場しました。

 ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×1620mmと、それまでにトヨタのラインナップになかった使い勝手の良いサイズ感が人気を博しています。

 タイでも、累計販売台数は2020年7月から2023年12月までで7万1160台と、好調の売れ行きを見せています。

 そんなカローラクロスのマイナーチェンジを遂げた新モデルが、今回タイで初公開されました。

 ボディサイズは全長が4460mmとわずかに変化したものの、それ以外は従来モデルのサイズと同様です。

 エクステリアは「アーバン×プレミアム」をコンセプトに、新デザインのLEDプロジェクターヘッドライト、LEDクリスタライズドヘッドランプ、シーケンシャルLEDフロントウインカーを採用し、高級感のあるデザインに。

 また新デザインのフロントバンパー、フロントグリルが備わり、よりワイドでモダンな印象としています。

 インテリアはブラックと新色のダークローズの2色がラインナップし、より質感高い印象のカラーリングへと変化。

 グレードは、ガソリンエンジンモデルの「1.8スポーツプラス」、ハイブリッドモデルの「HEVプレミアム」、「HEVプレミアムラグジュアリー」の3種に加え、ハイブリッドモデルには、スポーティグレードとなる「GRスポーツ」も用意されます。

 価格は、ガソリンエンジンモデルが99万9000バーツ(約415万円)から、ハイブリッドモデルが109万4000バーツ(約454万円)からそれぞれ用意されます。

※ ※ ※

 新型カローラクロスの登場に「とてもいいデザイン!」「かっこいいなあ」など惹かれる声や、「タイのほうが毎回かっこいい」「日本より海外仕様のほうがいつもデザインいいんだよな」と日本仕様と比べて意見する声も寄せられています。

 また価格について、「タイだと400万円以上でも売れるんだな」「値上げは今後も続くだろうな」と価格の高さに嘆く声や、「新型出ても買う!」「新型カローラクロス楽しみ」と今から購入を検討している声も見られるなど、さまざまな反響が寄せられていました。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「カローラクロス」を画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

車寅一郎 へ返信する コメントをキャンセル

1件のコメント

  1. つまらない記事だ!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー