「赤灯」は緊急車両、「紫灯」は…? クルマの回転灯全5色、その色ごとの用途とは

緊急車両の「赤灯」をはじめ、クルマに取り付けられる回転灯にはさまざまな色と用途があります。なかには「緑灯」や「紫灯」も。それぞれ、どのような意味があるのでしょうか。

パトカーに似たクルマに「青灯」も

 パトカーや救急車は、緊急時に赤色の回転灯を点灯させて走行します。この回転灯、赤だけではないようで、高速道路では道路管理のクルマが黄色い回転灯をつけて走っているようすもよく見られます。

 ほかに、どのようなものがあるのでしょうか。回転灯メーカーのパトライト(大阪市中央区)に聞きました。

――回転灯は何種類あり、どのような決まりがあるのでしょうか?

 車両につける回転灯には、赤、黄、青、緑、紫の5種類があり、いずれも用途が決まっています。「赤」はご存じの通り、緊急車両のものです。

「黄」は国土交通省やNEXCOなどの道路維持管理車両が使用するものです。たとえば事故発生時に現場へ急行して交通整理を行うなどの目的で、緊急車両としても認可を受けた車両は、赤灯へ切り替え可能なものを使っています。

「青」は地方公共団体などの「自主防犯活動用自動車」、いわゆる防犯パトロールカーに使用されます。

「緑」は、幅3m以上、連結時全長16.5m以上の、大型トレーラーなどの運搬車両で、周りに注意を促す目的で使用されます。

「紫」は停車中の車両への突入を防止する「停止表示灯」です。三角形の停止表示板(三角表示板)の代わりとなるものです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事