全長5m超え×全幅約2m! マツダ新型「最大級SUV」発表! “340馬力”直6ターボ搭載モデルあり! オシャベージュ&赤内装が超カッコイイ「CX-70」約607万円から米で発売へ

マツダの北米法人マツダノースアメリカンオペレーションズは2024年2月21日、1月に世界初公開した2列シートSUVの新型「CX-70」について、詳細なスペックやグレード、価格などを発表しました。

3.3リッターターボは340馬力の高出力版も設定

 マツダの米国法人マツダノースアメリカンオペレーションズは2024年2月21日(現地時間)、1月30日に世界初公開した新型クロスオーバーSUV「CX-70」に設定された7つのグレードラインナップや価格などを発表しました。
 
 2024年春より順次販売を開始する予定だといいます。

新色「メルティングカッパーメタリック」がオシャレ! マツダ 新型SUV「CX-70」
新色「メルティングカッパーメタリック」がオシャレ! マツダ 新型SUV「CX-70」

れた新世代アーキテクチャーを用いたラージ商品群4車種の展開を発表しました。

 欧州や日本市場向けには、車幅などを抑えた2列シートSUV「CX-60」と3列シートSUV「CX-80」を用意し、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場向けには、ワイドボディ2列シートSUV「CX-70」と、ワイドボディ3列シートSUVの「CX-90」を順次ラインナップしていくとしています。

 まず2022年9月には日本でCX-60が、その後2023年1月に北米でCX-90がそれぞれ発表され、2024年1月には第3弾となるCX-70が初公開されました。

 開発コンセプトに「Passion Pursuer(情熱の探求者)」を掲げ、アクティブなユーザー層に合わせ、スポーティなデザインと、ゆとりある実用的な荷室空間を特徴とします。

 外観は、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」をもとに、生命感を表現したデザインとし、力強い造形の前後バンパーや新デザインの21インチアルミホイール、各所に施された黒色パーツなどを特徴とします。

 内装は、赤系色「バーガンディ」基調のインテリアカラーをはじめ、ブラック、グレージュ、タンの各カラーを用意し、アクティブなライフスタイルを表現しました。

 荷室は、リアゲート側から2列目のシート格納が電動で操作可能な電気式のリモートフォールド機能を採用したほか、2列目シート折りたたみ時でもリアの掃き出し口からフラットになる床面や、3つの床下収納スペースなど、高い実用性を誇ります。

 パワートレインは、3.3リッター直列6気筒ガソリンターボエンジンにM Hybrid Boostを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様「e-SKYACTIV G3.3」と、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)システム「e-SKYACIV PHEV」を用意します。

 そして今回マツダは、新型CX-70のスペックや7つのグレードと販売価格などを新たに発表しました。

 新型CX-70(米国仕様)のボディサイズは、全長約5121mm×全幅約1994mm×全高約1745mm(シャークフィンアンテナ含む)、ホイールベース約3119mm。

 この数値は、3列シート版のCX-90(米国仕様)と共通です。

 グレード展開は、e-SKYACTIV G3.3モデルに5グレード、e-SKYACIV PHEVに2グレードを用意し、全車が8速ATと「i-Activ AWD」(四輪駆動)を組み合わせます。

 なおe-SKYACTIV G3.3は、280馬力版「3.3ターボ」と340馬力版「3.3ターボS」の2タイプを設定しています。

 いっぽうe-SKYACIV PHEVは、システム最高出力323馬力の1タイプのみです。

 価格は、e-SKYACTIV G3.3が4万445ドル(約607万円)から5万5950ドル(約840万円)、e-SKYACIV PHEVが5万4400ドル(約817万円)から5万7450ドル(約863万円)です。

 ボディカラーには、プレミアムペイントカラー(特別色)に「メルティングカッパーメタリック」(ブロンズ色)を新設定しました。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ最大級の「新型ラージSUV」を画像で見る(30枚以上)(30枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー