トヨタ新型「“ミニ”カローラ」!? 新たな低価格「クーペセダン」登場に注目集まる! 小さいのに「存在感すごい」スポーティ仕様!「実車展示」された泰モデルとは

トヨタがタイで展開するクルマの中には、馴染み深い「ヤリス」を名乗りつつも、日本に存在しない“セダンタイプ”のモデルが存在します。一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタの「コンパクトセダン」に注目!

 グローバルに展開する自動車メーカー各社は、日本市場でラインナップするクルマと同じ車名でも、中身は全く違うモデルを海外で販売していることがあります。
 
 トヨタがタイで販売する「ヤリス エイティブ」もその一台で、日本で展開している「ヤリス」と一部同じ車名ですが、中身は全く異なるクルマです。

トヨタの新「小型クーペセダン」は存在感バツグン!
トヨタの新「小型クーペセダン」は存在感バツグン!

 2023年12月にタイで開催された「タイ国際モーターエキスポ2023」では、トヨタのタイ法人が様々な車両を出展しましたが、そこに展示され注目を集めたのが、ヤリス エイティブです。

 日本では「コンパクトカー」として馴染みのある車名“ヤリス”を名乗りますが、ヤリス エイティブのボディタイプはなんと「セダン」。

 その構造も含めてヤリスとは全く異なるクルマとなっています。

 日本のヤリスは、かつて「ヴィッツ」の名で販売されていたコンパクトカーの後継モデルにあたり、厳密には2020年のフルモデルチェンジを機に、海外名として使用されていたヤリスへと改名し登場しました。

 一方でタイのヤリスエイティブは、独立したトランクと4枚のドアを持つコンパクトセダン。

 タイのほか東南アジアの諸外国でも展開されており、セダンでありながらもクーペのように滑らかなルーフを持つ、近年流行りの「ファストバックスタイル」を採用している点も同車の特徴です。

 そのボディサイズは、全長4425mm×全幅1740mm×全高1480mm。

 日本で販売されている「カローラセダン」よりも小柄のボディとなっていますが車内の快適性は高く、新開発プラットフォームを採用したことで大人でもくつろげる後部座席と実用的なトランクスペースを獲得しています。

 インテリアは、合成レザーで覆われた座席に赤いステッチが組み合わされ、上質さとスポーティさを両立した仕上がり。先進装備としては、タッチ操作が可能なディスプレイやアンビエントライトも採用しています。

 パワーユニットには最高出力94馬力・最大トルク11.2kg-mを発揮する1.2リッター直列4気筒エンジンを搭載。トランスミッションにはCVTを組み合わせ、コンパクトな車体には十分以上のパワーで力強く走らせます。

 ヤリス エイティブの車両価格は54万9000バーツ(約228万円)から69万9000バーツ(約291万円)です。

※ ※ ※

 このヤリス エイティブについてSNSでは、「ミニ『カムリ』って感じでカッコいい!」「こういう小型な廉価モデルでもデザインに手を抜かないのがトヨタのすごいところ」など、デザインについて高い評価が寄せられています。

また、「Cピラーをテールにつながる形状で寝かせたスポーティなセダン、日本にも欲しい」「東南アジアの人たちはクルマの選択肢が多くて良いなぁ」と、海外モデルで収まらず日本に展開して欲しいという声も。

 その一方で、「エアロ仕様は取って付けたようなパーツやスポイラーがちょっと…」「このあたりのまとまり感が高まれば日本でも人気になりそう」といった要望も見られたところから、もし日本市場の好みに合わせた形でヤリスエイティブが導入された場合、セダン好きを中心に支持を獲得する可能性はあるかもしれません。

【画像】カッコいい! これがトヨタの新「クーペセダン」です(59枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

8件のコメント

  1. これクーペか?
    そもそも「小型クーペセダン」て何ぞや「ステンレスフォークスプーン」みたいなカンジ?

    その昔からハードトップとセダンだったり、クーペとセダンだったり…
    少なくとも車に携わる側が区分出来ていないのが悲しいわね

  2. タイのヤリスじゃない。もう1年以上前からタイで売ってる。日本って遅れてるね。

  3. クーペセダンwwwwww

    • そー言う分野を創りたい ライター。

  4. 日本向けの装備をして 現地価格なら そこそこ売れるかも。

  5. セレス&マリノを思い出すね、年寄りとしては。

  6. ダイハツ開発やから日本では売らんのでは?

  7. もう少し車高を落として直6、2000cc、FRにして5MTを選べますにすれば日本でも売れるだろ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー