スバル「新型SUV」初公開!? タフ&工夫たっぷりの“超便利”仕様! ギラギラ黒ボディの「フォレスター ブーストギア」実車展示に反響も

スバルは東京オートサロン2024で現行フォレスター(5代目)をカスタムした「フォレスター ブーストギアパッケージ」を初公開。ユーザーからも反響が集まっていました。

「フォレスター ブーストギア仕様」に反響も

 スバルは現行「フォレスター(5代目)」にさまざまなギアを装着した「フォレスター ブーストギアパッケージ」を東京オートサロン 2024にて初公開。ユーザーからも多くの反響が集まっています。

「カッコイイ」と話題に! スバル「フォレスター ブーストギア パッケージ」
「カッコイイ」と話題に! スバル「フォレスター ブーストギア パッケージ」

 スバルは、昨年東京オートサロン2023のブースで、スバル「クロストレック」をタフでワイルドなオフローダー風に仕立てた「クロストレック ブーストギア コンセプト」を展示して話題を集めました。

 ボディへのザラザラしたチッピング塗装や、ちょっとした小物を置けるドアサイドの開閉式プロテクターなど、アクティブライフを楽しむための工夫が各所に施されていました。

 そんななか今年の東京オートサロン2024では、現行フォレスター(5代目)をベースにブーストギア仕様にカスタマイズしたモデルを初公開。

 ボディ全体は、アルミから削り出したような金属をイメージしたハーフマットなヘアラインのラッピングが施されており、力強い印象です。

 フロントグリルにはスバルの六連星エンブレムではなく、大きな「SUBARU」ロゴを装着。SUVの本場アメリカで好まれるスタイルを取り入れつつ、IPF製のマーカーランプを内蔵してタフさを強調しています。

 ボンネットには「FORETER」ロゴ入りのフードデカールを装着。これは市販されているもので、ワイルドな雰囲気を演出するのに一役買っています。

 ボディサイドにはドアパネルに「ドアサイドプロテクター」を装着。

 これは昨年のクロストレックにも装着していましたが、利便性が向上。マグネットをくっつけることができ、各所に溝が設けられヒモなどをひっかけることが可能となっているなど、ユーザーの工夫次第で、さまざまな用途に使うことができそうです。

 また、ルーフにはランダムに穴が開いたサイドプレートを搭載。ルーフレールよりも汎用性が高く、ライトやバーを付けるのに重宝します。

 このほか、各所にはブーストギアのブランドカラーでもある、ターコイズブルーのアクセントカラーが施されており、ブーストギアならではのデザイン、機能性が充実したモデルに仕上がっています。

※ ※ ※

 フォレスター ブーストギアパッケージにユーザーからも「フォレスターのブーストギア格好良い」「エンブレム無いのかっこいいな」「これなら乗りたい!」など、多くの称賛の声が集まっていました。

 今回公開された装着されたアイテムのなかには、市販化を目指して開発中のものもあるとのこと。アウトドアカスタム好きにとって、目が離せない存在となりそうです。

【画像】超カッコいい! スバルの「新型SUV」を画像で見る(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ごちゃごちゃするよりフォレスターはガイザーブルーやオータムグリーンにルーフレールのシンプルなスタイルがかっこいい!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー