6速MT設定! 全長4m級の新「小さな高級車」発売! “レトロ顔”丸目2灯&豪華内装がスゴい! 「ビュートストーリー」改良モデルに反響

改良が実施された光岡「ビュートストーリー」について、SNSではさまざまなコメントが寄せられています。

新「ビュートストーリー」発売! デザインの良さを再認識する人も

 光岡自動車(以下光岡)は2024年2月1日、コンパクトカー「ビュートストーリー」の改良モデルを発表し、同日に発売しました。
 
 SNSなどでは、この新ビュートストーリーについて、多くのユーザーからコメントが投稿されています。

レトロ顔コンパクト「ビュートストーリー」改良に反響(画像は改良前モデル・ターンチルトシート装着車)
レトロ顔コンパクト「ビュートストーリー」改良に反響(画像は改良前モデル・ターンチルトシート装着車)

「ビュート」シリーズは、1993年1月に登場しました。

 ハンドクラフトによる独自のカスタムが施され、往年のジャガー「マークII」をモチーフにした愛らしいデザインが特徴です。シリーズ累計1万3000台を販売するなど、光岡の主力モデルとなっています。

 現行モデルのビュートストーリーはシリーズ4代目で、2023年2月に先行予約を開始し、2023年9月に発売しました。

 シリーズではこれまで一貫してベース車に日産「マーチ」を用いていましたが、2022年8月をもって国内での販売を終了したことなどから、11年ぶりに全面刷新を果たし、シリーズでは初となるトヨタ「ヤリス」をベースに用いた新型モデルとなっています。

 従来のビュート同様、瞳のような丸型ヘッドライトやハート型のグリルの採用による、人懐こい表情やレトロなデザインを継承しながら、先進運転支援の大幅強化や、シリーズ初のハイブリッドモデルを設定するなど、進化を図りました。

 インテリアは基本的にはヤリスと変わらないものの、オプションでエクステリアと同様のポップな色合いを選べるレザーシートを設定しているほか、インパネ加飾もシートと同色のものを用意するなど、全身に渡ってイメージチェンジを図っています。

 ボディサイズは全長4090mm×全幅1695mm×全高1495-1510mmです。

 今回の改良は、ヤリスが2024年1月に改良されたことを受け、先進運転支援の機能拡大や、マルチインフォメーションディスプレイの8インチ化、「スマートエントリー&スタートシステム」の全車標準装備化が行われました。

 エクステリアでは、新色「マジカルローズ」(特別塗装色・11万5500円)が追加され、標準色の「ベリーパープル」が廃止されました。

 ラインナップに変更はなく、1リッターガソリンエンジンモデル、1.5リッターガソリンエンジンモデル、同エンジン+モーターのハイブリッドモデルを設定。4WD車や6速MT搭載車も引き続き設定されます。

 新ビュートストーリーについて、SNSなどでは多くのユーザーからさまざまコメントが投稿されています。

 主に、「レトロ調デザインが良い」「おしゃれ!」「ビュートやっぱ可愛いんよな〜」「めっちゃカワイイ!」「イイ感じ」など、愛らしいルックスに仕立てられたことを評価する声が聞かれます。

 また、「このクルマ欲しい」「乗ってみたい」といった、実車に興味を寄せるユーザーや、「小さな高級車いいよね」「ヤリスベースだから走りはいいのかな」など、“高級仕立て”のヤリスであることに注目するコメントも見られました。

※ ※ ※

 新ビュートストーリーの価格(消費税込)は322万5200円から451万円です。

光岡・ビュート のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! レトロ顔の「小さな高級車」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー