黄色すぎるトヨタ新「ハイエース」初公開! 丸目2灯が印象的! 走るスタジオの正体は? ハイエーサーって誰?

YouTubeチャンネル「スタジオハイエースチャンネル」は2024年1月29日に「走るYouTubeスタジオ」となる「ハイエースカスタムベース号」が納車されたことを明らかにしました。

ハイエース好き「ハイエーサー」向けのチャンネルがあった!

 トヨタは「ハイエース」を愛する人向けのYouTubeチャンネル「スタジオハイエースチャンネル」を展開しています。

YouTubeチャンネル「スタジオハイエースチャンネル」がハイエースカスタムベース号」を公開した(画像引用:トヨタ)
YouTubeチャンネル「スタジオハイエースチャンネル」がハイエースカスタムベース号」を公開した(画像引用:トヨタ)

 このスタジオハイエースチャンネルは、ハイエース好きの「ハイエーサー」に向けたものです。

 全国各地のオーナーやカスタムショップ、トヨタ開発陣のエピーソードなどを取り上げているこのチャンネル。

 2024年1月29日は動画を撮影するための「走るYouTubeスタジオ」としてハイエースカスタムベース号が納車されたことを明らかにしました。

 このハイエースカスタムベース号は、「ハイエース バン スーパーGL」を元にイエローボディカラーが印象的。

 見た目では丸目のヘッドライトやウインカーを採用することで、無骨さから可愛らしさを強調。

 またエンブレムやメッキをイエローと相性の良いブラック塗装に変更、バンパーは傷や汚れに強いラプターライナー塗装を施しています。

 テールランプにはランプ保護のためにガードを装着。サイドにはルーフへの積み込み性向上のためにラダーを備えています。

 足回りはホイールあわせてブラックで統一しつつ、アクセントとしてTRDのマッドガードを装着。

「走るYouTubeスタジオ」としてハイエースカスタムベース号が納車された(画像引用:トヨタ)
「走るYouTubeスタジオ」としてハイエースカスタムベース号が納車された(画像引用:トヨタ)

 内装は「走るYouTubeスタジオ」というコンセプトから車内での撮影が出来る環境が整っています。

 全体的にはルーフやサイドパネル、フロアを杉の木を採用し、シートなどをブラウンレザーにして温もりのある印象に。

 折りたたみテーブルを使った休憩やベッドマッドによる車中泊、後席を後ろ向きでの対面仕様など、様々なギミックも用意されています。

 ドア付近にはシンク(給水・排水タンク付き)もあり、水回りも完備。

※ ※ ※

 かつてハイエースと言えば、「仕事のクルマ」という印象が強かったです。

 しかし最近では、キャンピングカーのベースとなる他、海や山など様々なアウトドア・レジャーでも使われる「趣味のクルマ」になっています。

【画像】めちゃカッコいい! これが新型「ハイエース」です!画像で見る(30枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー