三菱「新型コンパクトSUVミニバン」世界初公開! 全長4.5m級ボディにスゴい“ハイブリッド”採用! 新型「エクスパンダーHEV」タイで発売

三菱は新型「エクスパンダー」「エクスパンダー クロス」(ハイブリッドモデル)をタイで世界初公開しました。どのようなクルマなのでしょうか。

新開発のハイブリッドシステムを搭載

 三菱自動車工業(以下三菱)は2024年2月1日、新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー」「エクスパンダー クロス」HEV(ハイブリッド)モデルをタイで世界初公開しました。
 
 同日よりタイ国内で発売しています。

世界戦略MPVにハイブリッド登場
世界戦略MPVにハイブリッド登場

 エクスパンダーは2017年に登場した3列シート7人乗りMPV(いわゆるミニバン)です。インドネシアで発売後はアセアン、中南米、中東などにも展開する世界戦略車となっています。

 2019年には最上級モデルとしてエクスパンダー クロスが追加されました。

 MPVならではの居住性や多用途性、SUVらしいスタイリングや走りが特徴で、2022年度のグローバル販売台数は、同じ世界戦略車のピックアップトラック「トライトン」やSUV「アウトランダー」に次ぐ3番目で、13万台以上を記録しています。

 ボディサイズは、全長4595mm×全幅1750-1790mm×全高1730-1750mmで、ホイールベースは2775mm。タイでは1.5リッターガソリンエンジンとCVTを組み合わせるモデルのみの設定となっていました。

 今回発表されたHEVモデルは、三菱が得意とする電動化技術と四輪制御技術を融合することで、エクスパンダーシリーズの魅力をいっそう高めたといいます。

 パワートレインにはアウトランダーなどに搭載された、プラグインハイブリッドEV(PHEV)から派生した新開発のHEVシステムが採用されました。

 新開発の1.6リッター「MIVEC」ガソリンエンジンと最高出力85kWのモーターを組み合わせ、専用駆動用バッテリーを採用することで、加速時のレスポンス性を向上。ガソリンエンジンモデルと比較し、市街地では約34%の低燃費化を実現しています。

 発進・低速域ではEVモードで走行しますが、登坂・加速時はエンジンを発電に用いたEVモードに切り替わり、高速域ではエンジンをメインにモーターでアシストするハイブリッドモードで走行するなど、自動で最適な走行モードを選択します。

 また、新開発の7つのドライブモードを設定しました。

 FF方式の2WDをベースとしながら、前輪左右の制動力を制御するアクティブヨーコントロール(AYC)などをはじめとする四輪制御技術を統合制御することで、様々な路面状況に対応することが可能だといいます。

 さらに、バッテリー配置の工夫やエンジンルーム・バッテリー周辺の床材の変更、フロンサイドメンバー・フロントクロスメンバーの変更、サスペンションチューニングなどを行い、ボディ剛性と乗り心地を向上させています。

 エクステリアやインテリアもHEV専用となり、「HEV」バッジや「HYBRID EV」バッジをあしらったほか、フロント下部、サイドガーニッシュ、リアバンパー、ホイールにブルーのアクセントカラーを追加。

 ボディカラーは、ホワイトダイヤモンドを新たに設定するとともに、ブレードシルバーメタリック、グラファイトグレーメタリック、ジェットブラックマイカをラインアップ。エクスパンダー クロスのHEVモデルでは、グリーンブロンズメタリックも設定しました。

 インテリアでは、8インチカラー液晶メーターを採用し、吸音材や防音材の追加などにより、静粛性を高めています。

 新型エクスパンダーHEVの価格は93万3000バーツ(約386万円)、エクスパンダー クロスHEVの価格は96万1000バーツ(約397万円)に設定されています。

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型SUVミニバン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー