日産に斬新すぎる「ギラ顔SUV」あった! ド迫力の「ワイドボディ」採用でカッコいい! トヨタ「ハリアー」に対抗したモデルとは

根強い人気を誇るトヨタのスタイリッシュな都会派SUV「ハリアー」。かつて日産にはこのキャラクターに対抗するSUVをラインナップしていました。復活する方法はないのでしょうか。

「ハリアー」に対抗できるのは「ムラーノ」しかない!?

 トヨタのクロスオーバーSUV「ハリアー」が売れています。同クラスのトヨタ「RAV4」がタフな四駆イメージを強調したモデルなのに対し、ハリアーは都会的で洗練されたスタイリッシュさが特徴で、こうしたキャラがユーザーから好まれていることは、販売台数の差からも明らかです。
 
 このハリアーにはかつて直接のライバル車として日産「ムラーノ」が存在していました。なぜ消えてしまったのでしょう。復活は難しいのでしょうか。

「ハリアー」だけじゃない! スタイリッシュな都会派SUVとして一定の支持を集めた日産「ムラーノ」(初代)
「ハリアー」だけじゃない! スタイリッシュな都会派SUVとして一定の支持を集めた日産「ムラーノ」(初代)

 自販連(日本自動車販売協会連合会)調べによる2023年におけるハリアーの年間販売台数は7万5211台。対するRAV4は4万1018台でした。

 このようにハリアーの人気はダントツで、例えば、より価格の安いコンパクトSUVのホンダ「ヴェゼル」(5万9187台)やトヨタ「ライズ」(6万4995台)よりも多く売れているのです。

 対抗する日産はというと、同クラスの「エクストレイル」が年間2万7129台に留まっている状況。

 2023年は各自動車メーカーともに、ここ数年続く半導体不足などによる生産遅れの影響を受けており、年間販売台数がそのまま車種人気の実力とは言い切れません。

 しかしここでハリアー対抗馬のムラーノが今残っていれば、よりユーザーのニーズに応えることができるのに……と歯がゆいのは、なにも筆者(くるまのニュースライター 河馬兎)だけではないはずです。

 ムラーノの初代モデル(Z50型)が誕生したのは2002年のこと。

 当時、ラージセダン「ティアナ」にも使われていたFF-Lプラットフォームを使用した2列シート・5人乗りのクロスオーバーSUVで、北米専売車として開発されたクルマです。

 最大の魅力は、そのエクステリアデザイン。ムラーノの伸びやかな「モダンアートデザイン」は、当時増え始めていた日産SUVラインアップの中でもひと際高いクオリティを持ち、かつ斬新なものでした。

 この洗練されたデザインが好評を得たことで、初代ムラーノは北米市場で大ヒット。

 国内など世界各国からも販売熱望の声が上がり、2004年にはようやく日本でも販売されることとなりました。

 当初は北米専用モデルだったムラーノも、結果的には世界各国で販売されるグローバルモデルへと発展したのです。

 その後、2008年には2代目へとモデルチェンジ。しかしながら、当時ハリアーには追加されたハイブリッドモデルを設定できず燃費が悪かったことは、国内では大きなネックとなりました。

 さらにボディサイズもひと回り大きくなり、デザインも北米ユーザー好みの濃いめなディテールが与えられたことなどから、初代の洗練されたムードは薄れてしまいました。

 その後、国内の販売台数は徐々に伸び悩み、2015年には日本市場からは姿を消してしまったのです。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「精悍SUV」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー