新型「“ハンドル切れすぎ”車」初公開! その場で「ぐるぐる」回る!? 斬新機能搭載マシンは「すぐにでも量産可能」! 米で発表

ヒョンデモービスは、2024年1月10日、米国で行われたCES2024にて、次世代のモビリティ技術「e-コーナシステム」を搭載した新型「モビオン」を初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

その場でくるくる回る…「モビオン」初公開

 2024年1月10日、ヒョンデモービスは、次世代のモビリティ技術「e-コーナシステム」を搭載したBEV(バッテリーEV:電気自動車)の新型「モビオン」をCES2024で初公開しました。

ハンドル切れすぎ!? ユニークな機能を搭載した新型「モビオン」
ハンドル切れすぎ!? ユニークな機能を搭載した新型「モビオン」

 新型モビオンは、これまでにないような横移動や斜め移動、ピボットターンなどの動きを実現しています。

 このダイナミックな動きを現実に変えるeコーナーシステムは、4つのキーテクノロジーで構成されています。そしてその中核となるのは、「インホイール テクノロジー」です。

 インホイール テクノロジーとは、一般的なEVに使用される単一の大型駆動モーターとは対照的に、各車輪の内側に4つの小型モーターを配置。これにより、各車輪が独立して動力を制御できるようになります。

 この技術はレースの現場などでも利用されており、EVならではの動力制御システムとして注目されています。

 また、新型モビオンにはe-コーナーシステム以外にも、いくつか特筆すべき技術が搭載されています。

 3つの光検出および測距計測装置が自動運転用のセンサーとして組み込まれており、横移動や近くの物体の認識に活用されています。

 さらに「Exterior Lighting」はじめ様々な意思表示機能を導入。特にフロントバンパーに組み込まれたLEDは、安全性とデザイン性の両方の向上を目指して装備されています。

 たとえば、車両が交差点にある場合、LED は歩行者が道路を横断している方向を表示しつつ、後部バンパーは後方ドライバーに車線変更や追い越しを警告、歩行者が左または右に横断していることを知らせます。

 この他にも、LEDの光を利用した様々な機能が実装されています。

 ヒョンデモービスで副社長を務めるイ・スンダン氏は新型モビオンについて以下のようにコメントしています。

「モビオンはヒョンデモービスの中核技術を体現したものであり、その全てが直ちに量産できる状態にあります。当社の主要な製品と機能を紹介するためにこの新型モビオンを作成しました」 

※ ※ ※

 ヒョンデモービスは韓国ソウルに本社を置く自動車部品メーカー。同社は、電動化、ブレーキ、シャーシとサスペンション、ステアリング、エアバッグ、照明、自動車用電子機器など様々な部品を開発・生産しています。

【画像】「えっ…!」 これが”ハンドル切れすぎ”の「ぐるぐるマシン」です!画像で見る(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ioniqの写真ばっかりで肝心の写真はごくわずか、動く動画でもあれば見たかった。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー