ホンダ 新型「高級SUV」発表! 超スポーティな伝統の「RS」グレード! 上質すぎる新型「CR-V」をマレーシアで発売! 約614万円から

ホンダのマレーシア法人は2024年1月11日、新型「CR-V」のスポーティグレード「e:HEV(イーエイチイーブイ) RS」を追加設定しました。新たなフラッグシップモデルとなります。

最新ハイブリッドSUVのフラッグシップモデルが登場

 2024年1月11日、ホンダのマレーシア法人は新型「CR-V」に新たなフラッグシップグレード「e:HEV(イーエイチイーブイ) RS」を設定し、19万5900リンギット(約614万円)で発売しました。

タフ顔がカッコいい! ホンダ新型「CR-V」
タフ顔がカッコいい! ホンダ新型「CR-V」

 CR-Vはホンダが1995年に発売したミドルサイズのクロスオーバーSUV。

 堂々としたフォルムや高い走破性により、北米をはじめ、世界各国で好調な販売を続けています。

 日本でも初代は好調でしたが、代を重ねるごとに大型化や高級化が進んだことで、販売は次第に低迷。2022年7月から発売された6代目の現行型が導入されることなく、販売は終了となりました。

 マレーシアでは、新型CR-Vの1.5リッターVTECターボモデル3機種が2023年12月より先行発売されました。

 ボディサイズは全長4691mm×全幅1866mm×全高1681mm(4WDは1691mm)、ホイールベース2700mm(同2701mm)。先代より全長を86mm、全幅を11mmそれぞれ拡大しました。

 フロントマスクはメッシュパターンのグリルや新デザインのフルLEDヘッドライト、LEDシーケンシャルウインカーなどで精悍さをアップ。

 室内空間も広がり、9インチディスプレイオーディオやコネクティッド機能「Honda CONNECT」などで快適性を向上しています。

 今回、そんな新型CR-Vに、ハイブリッドモデルの「e:HEV RS」を追加し、ラインアップを拡充させました。

 新型CR-V e:HEV RSのパワートレーンは、2リッター直噴エンジンと2モーターハイブリッドシステムのe:HEVを組み合わせたもので、最高出力184ps、最大トルク335Nmを発生します。

 低燃費とハイパワーを両立するほか、好みに応じて3種類の走行モードに切り替えることができ、快適なドライビングを楽しむことができます。

 エクステリアでは、高級感のあるメッシュパターングリルに赤い「RS」バッジを装着し、フロント&リアロアバンパーはボディ同色。空気抵抗の低減や燃費向上に寄与するアクティブシャッターグリルも装備します。

 また、シーケンシャルウインカー付きフルLEDヘッドライトに加え、アクティブコーナリングライトも装備。ブラック仕上げの18インチアロイホイールで足元を引き締めており、より精悍で、よりスポーティな印象となっています。

 このほか、ルーフレールやリアフォグランプが標準装備となります。

 インテリアでは、他グレードより一回り大きな10.2インチTFTメーターに加え、12個のスピーカーで構成するBoseプレミアムサウンドシステムを標準装備。

 さらに運転時に便利なヘッドアップディスプレイを搭載するほか、キー操作なしのエンジン始動を可能にするカードキーシステムを採用しました。

 フラッグシップモデルに相応しい、充実した装備となっています。

ホンダ・CR-V のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ新型「CR-V」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 俺が適当に車使ってもこの記事書く人「めちゃかっこいい!なんとかかんとか」とか言ってベタ褒めしてくれそうだな。

    • いや限度があるので。。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー