いすゞが斬新「どこでも荷台泊仕様」を初公開! 自由にキャンプ出来ちゃう? 純正オプションで市販化も検討か

東京オートサロン2024は、いま話題のトヨタ「ランドクルーザー70」のドレスアップカーを筆頭に、新型モデルが並べられていましたが、車格、創造性ともぬきんでていたのが、いすゞA&Sのブースに飾られた「エルフミオ」です。

いすゞA&Sのブースに飾られた「エルフミオ」とは

 自動車業界の“華”ともいえるカスタムカー。
 
 その祭典「東京オートサロン2024」には、ビルダーの個性と創造力が遺憾なく発揮された車両が多数出展されました。
 
  2024年は、いま話題のトヨタ「ランドクルーザー70」のドレスアップカーを筆頭に、新型モデルが並べられていましたが、車格、創造性ともぬきんでていたのが、いすゞA&Sのブースに飾られた「エルフミオ」です。

荷台でアウトドアも夢じゃない!?
荷台でアウトドアも夢じゃない!?

 エルフミオは、2025年中に発売される新型トラックで、普通免許でも運転できる積載量1t(車両総重量3.5t未満)の小型トラックとして、流通業界から注目されています。

 デビュー時にはBEVを発売し、その後ディーゼル車が追加される見通しとなっています。

 このエルフミオをベースに、アウトドア系の架装を施したのが「エルフミオ・アウトドアエディション」です。

 昨今、軽トラックで流行しているオフロード系+アウトドア系のパーツを小型トラックに装着したという手法は、ある意味で目から鱗。

 これまで商用イメージの強かった小型トラックを、パーソナルユースとしても提案していきたいというメーカーの意図がそのフォルムに出ています。

 主な装着パーツとしては、キャブ上のルーフラック&ライトバー、荷台のケージ、そしてそれに装着するテントです。

 車体はアウトドア系カラーのオレンジに塗られ、各部をブラックアウト塗装して、荷台には黒のサイドデカールが貼られています。

 その雰囲気はさながらアウトドアギア。同じくオフロード系カスタムが施されたスズキ「スーパーキャリー・マウンテントレール」と比較すると、非常に面白いコントラストができます。

 この仕様について、同社のスタッフは次のように語っていました。

「ルーフラックのサイズオーバーや、荷台へのケージの取り付けなど、まだ法規的に見直していかない部分があります。

 しかし、とりあえず参考出品というカタチで市場の反応を伺わせていただいています。

 ユーザーの反応が良ければ、純正オプションで販売させていただくことも考えたいと思っています」

 ちなみにいすゞA&Sは、いすゞグループの1社でエルフで純正オプションとして設定されているメッキパーツなどを製造している企業です。

 その点では、エルフシリーズにマッチする外装パーツを造るのはお手の物。

 今後、アフターマーケットではできないハイクオリティなエクステリアアイテムが発売される期待が高まります。

【画像】「えっ…!」どこでもキャンプ可能? 斬新「荷台泊」仕様の画像を見る!(44枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー