日産「新型セダン」発表! 約250万円の“クラシックモデル”!? 「えっ…!旧モデルじゃん!」 な「シルフィ」中国で発売

東風日産は2024年1月、中国で展開するファミリーセダン「シルフィ クラシック」の2024年モデルを発売しました。既存の「シルフィ」とは異なるモデルだといいます。

現行モデルと先代モデルが「一緒に」売られている!?

 日産と中国の東風汽車との現地合弁会社である東風日産は2024年1月、中国で展開するファミリーセダン「シルフィ クラシック」の2024年モデルを発売しました。
 
 新車でありながら“クラシック”の車名がついていますが、どのようなモデルなのでしょうか。

新車なのに「クラシック」!? 日産「シルフィ クラシック」[東風日産/中国仕様モデル]
新車なのに「クラシック」!? 日産「シルフィ クラシック」[東風日産/中国仕様モデル]

 シルフィ クラシック(B17型)は、2019年のフルモデルチェンジを受けて登場した現行型「シルフィ」(B18型)の先代モデルで、2012年から販売されています。

 つまり現在、中国ではB18型と先代のB17型を併売するかたちとなっているのです。

 初代シルフィ(G10型)は、日産の歴史あるセダン「ブルーバード」の後継モデルとして「ブルーバード シルフィ」の名で2000年に登場。

 そこから数えて今回のB17型は3代目にあたり、初代ブルーバードから数えれば13代目となります。

 ボディサイズは全長4631mm×全幅1760mm×全高1503mm、ホイールベースは2700mmです。

 1.6リッターガソリンエンジンを搭載。トランスミッションはエクストロニックCVTで、アイドリングストップ機構を備えるほか「エコドライブ」ボタンを装備し、省エネ運転を支援します。

 4代目(B18型)が登場するまでは、シルフィの名で販売されていました。要は新型と区別するため、クラシックというサブネームを付けたのです。

 日本ではセダン需要の落ち込みを受けて2020年に販売が終了しましたが、中国での人気は非常に高く、B17型とB18型を合わせて毎年50万台ほどで推移。

 年間販売ランキングは2020年からセダンカテゴリー1位を獲得しており「キング・オブ・ファミリーセダン」として地位を確立しています。

 そんなB18型に新しい最上級グレード「エクスクルーシブ」が設定されたのが、2024年モデルのトピックとなります。

 これまで最上級を担っていた「ラグジュアリー」に対して、エクスクルーシブはLEDヘッドライト、キーレスエントリー、プッシュボタンスタートシステムを専用装備します。価格はラグジュアリーより4000元(約8万2000円)高い12万2600元(約250万円)です。

 なお、最廉価グレードは10万8600元(約220万円)です。

 一方、B17型シルフィは11万9000元(約243万円)からとなっています。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「シルフィ クラシック」を画像で見る(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー