レクサス最高峰の「和製スーパーカー」が2億円突破!? 激レア仕様&鮮烈オレンジの極上クーペ「LFA」が米で出品! 結果は?

2012年式レクサス「LFA」が米オークションサイトに出品され、約2億円を超える入札がありました。どのような車両なのでしょうか。

2012年のレクサス「LFA」がオークションに登場

 米オークションサイト「Bring a Trailer」に2012年式のレクサス「LFA」が出品されました。2023年12月21日までに172万0000ドル(約2億4200万円)の入札がありましたが、最低落札価格に満たず23日に終了しました。どのようなモデルなのでしょうか。

出品されたレクサス「LFA」(Photo:Bring a Trailer)
出品されたレクサス「LFA」(Photo:Bring a Trailer)

 LFAは、2010年から2012年にかけて生産されたスーパーカーです。技術の粋を集めた最高峰モデルとして知られており、当時の新車価格が3750万円、生産台数がわずか500台という希少性もあって、オークションでは高値で取引されることも少なくありません。

 最大出力560ps・最大トルク480Nmの4.8リッターV型10気筒エンジンを搭載し、6速のASG(オートメーション・シーケンシャル・ギアボックス)を介して駆動。最高速度は325km/h、0-100km/h加速は3.7秒を実現しています。

 今回の車両は、その数少ないLFAの中でも、さらに貴重な「ニュルブルクリンク・パッケージ」です。アメリカで販売されたニュルブルクリンク・パッケージはわずか25台といいます。

 標準モデルに固定式リアウイングやカナードスポイラーなどの空力パーツを装備し、ホイールをアルミからマグネシウム鍛造に変更。車高も10mm程度低くなっています。

 出品された車両は、マサチューセッツ州に新車で納品された後、フロリダやカリフォルニアで使われ、今回出品されました。

 ボディは鮮やかなオレンジ、内装は黒です。走行距離は2050マイル(約3300km)を示しています。

 状態は良く、バッテリーも2021年12月に交換済み。事故やその他被害の報告はないといいますが、運転席ドアの仕上げに欠陥、右後輪に欠けが認められるといいます。

 今回のオークションでは21回の入札があり、172万0000ドル(約2億4200万円)まで達しましたが、最低落札価格には到達しませんでした。

【画像】最高峰の迫力! これが2億円以上の値が付いたレクサス「LFA」です。写真で見る(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー