「日本一売れてる軽」に足りないモノは「SUV」!? 市販化も実現? 新型「N-BOX」にも期待の「斬新クロスオーバー」仕様とは

世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン」では毎年数多くの斬新なカスタムカーが出展されますが、ホンダが過去に参考出品した「N-BOX+ エレメントコンセプト」は特に注目を集めました。どのようなカスタマイズが施されていたのでしょうか。

ユーザーからの大きな反響を受け「市販化」が実現!

 毎年1月に行われる恒例のイベント「東京オートサロン」では、様々なチューニングやドレスアップを施した多数のカスタムカーが出展され、来場者を楽しませてくれます。
 
 そんな出展モデルの中でも、ホンダが2014年に披露したSUV仕様の「N-BOX」は、他社に先駆けいち早く市販化も実現するなど、トレンドを先取りする存在として大いに注目を集めていました。

N-BOX派生のクロスオーバーモデルに「期待大」![写真は東京オートサロン2014に参考出品したSUV仕様のN-BOX「N-BOX+ エレメントコンセプト」]
N-BOX派生のクロスオーバーモデルに「期待大」![写真は東京オートサロン2014に参考出品したSUV仕様のN-BOX「N-BOX+ エレメントコンセプト」]

 車中泊やキャンプブームという追い風もあり、すっかり人気カテゴリーとなったSUV。最近ではピクニック感覚で手軽にアウトドアを楽しむというカジュアルなオーナー層も増えています。

 そしてクルマのほうでも、本格的な四輪駆動システムなどを持たずともSUVテイストなフォルムが与えられたモデルの人気が高まっています。

 そんなSUVテイストの元祖といってもいい存在が、初代N-BOXに設定された純正アクセサリーの「エレメントスタイルパッケージ」でした。

 ホンダ車ファンなら「エレメント」の名称にピンとくる人も多いでしょう。

 かつて2003年に日本国内で販売された、ミニバン×SUVのクロスオーバー車の雰囲気を初代N-BOXで再現したのが、この純正アクセサリーです。

 注目なのは、この「エレメントスタイルパッケージ」が市販化されるにあたって、一般ユーザーからの声が大きな後押しとなったことです。

 ホンダ車向け純正アクセサリーを企画・開発・販売するホンダアクセスは、開発者や企画提案者が自らオーナーズミーティングなどのイベントを訪れ、ユーザーからの声に耳を傾けることは珍しくないそうですが、この「エレメントスタイルパッケージ」の反響はとくに大きく、市販化に繋がる大きなサポートとなったそうです。

 初代N-BOXをベースに、アウトドア要素を組み合わせたコンセプトモデルが初めて披露されたのは「東京オートサロン2014」でのこと。

 ホンダアクセスが出展した「N-BOX+ エレメントコンセプト」がきっかけでした。

 内容は車名が示すとおりで、N-BOXの兄弟車種であるN-BOX+に樹脂製のボディパーツを装着、ボディはエレメントのイメージカラーであったオレンジに塗装されていました。

 アウトドアの未舗装路や草木が生い茂る山間部を走る際、ボディに小キズがついても気にならないのが樹脂製ボディパーツの魅力ですが、もちろんN-BOX+で実際にそのような楽しみかたを提案するのではなく、あくまでもスタイル。

 またエレメントには観音開きドアという印象的な装備もありましたが、もちろん「N-BOX+ エレメントコンセプト」では再現されていません。

 また外装だけでなく、内装もN-BOX+をベースにオレンジ×ブラックの2トーンカラーで後世されており、こちらは元祖「遊びのミニバン」であるS-MXをも連想させるもの。

 N-BOX/N-BOX+のカスタムシーンに、新たなヒントを与えたことは間違いありません。

【画像】めちゃカッコいい! SUVになった「N-BOX」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー