横浜ゴムが新タイヤ「ADVAN dB V553」発表! 上質な乗り心地と静粛性に優れたプレミアムコンフォートタイヤ

横浜ゴムは2023年12月18日、プレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーサン)」を、2024年2月より日本およびアジアなどで順次発売すると発表しました。

「ADVAN dB V552」の後継モデル

 横浜ゴムは2023年12月18日、新品時だけでなく摩耗時にも優れた静粛性を発揮するプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーサン)」を、2024年2月より日本およびアジアなどで順次発売すると発表しました。発売サイズは155/65R14 75Hから225/45R21 95Wの合計46サイズを計画しているとのことです。

横浜ゴムのプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553」
横浜ゴムのプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553」

「ADVAN dB V553」は2017年より販売している「ADVAN dB V552」の後継モデルで、「上質な静粛性が持続するプレミアムコンフォートタイヤ」をコンセプトに開発したと言います。上質な静けさと乗り心地をドライバーや同乗者に提供するとともに、静けさと安全性がより長く持続するタイヤとして、従来品で好評の静粛性をさらに進化させただけでなく、摩耗の進行による静粛性とウエット性能の低下を抑制しているとのことです。

 本タイヤではトレッドパターンを新たに設計し、構造がタイヤサイズごとに最適化されています。これにより新品時の騒音エネルギーを従来品比15%低減し、摩耗時の騒音エネルギーも22%低減したと言います。コンパウンドは低燃費性能、ウエット性能、耐摩耗性能のバランスに優れた「ADVAN dB」向けコンパウンドを採用。国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能は「AA」~「A」、ウエットグリップ性能は全サイズ最高グレードの「a」を獲得し、優れた低燃費性能とウエット性能を実現しているとしています。加えて耐摩耗性能、摩耗時のウエット性能にも配慮。タイヤサイドには、雨と静けさをイメージした模様と鮮明でスタイリッシュなロゴデザインを採用し、プレミアムコンフォートタイヤにふさわしい洗練されたイメージを提供するとしています。

 さらに全サイズで、JATMA(日本自動車タイヤ協会)が定める低車外音タイヤのラベリング制度において、その条件を満たしたとのことです。

「ADVAN dB V553」は、同社が展開する電動車対応商品であることを表す独自マーク「E+(イー・プラス)」を打刻。「低電費」「静粛性」など電動車に特徴的なニーズに対応する技術を搭載したタイヤとして、タイヤサイドへの打刻に加えカタログやウェブサイトなどでも表示し、ユーザーのタイヤ選びをサポートするとしています。また、タイヤの生産には再生可能エネルギー由来の電力を使用するとのことです。

 同社は、2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そして「ウインタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げ、「ADVAN」および「GEOLANDAR」の新車装着拡大や商品開発の強化に取り組んでいるとしています。

【画像】「ADVAN dB V553」のサイズ一覧とパターンデザインを見る(9枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー