レトロ顔の「軽商用バン」!? “昭和の名車”がホンダ「N-VAN」で復活!? めちゃカワイイ「ポケットバン」とは

ボディキットを手掛けるモデストカーズが、ホンダ「N-VAN」を昭和の名車「ステップバン」に変身させた「ポケットバン」を東京オートサロン2023に出展していました。どのようなクルマだったのでしょうか。

ホンダ「N-VAN」がクラシカルな「ステップバン」に!

 2023年1月に幕張メッセ(千葉市美浜区に)で開催された東京オートサロン2023には、カスタムカーが数多く展示されていましたが、そのなかに、ホンダ「N-VAN」を昭和の名車「ステップバン」に変えた「ポケットバン」の姿もありました。どのようなクルマだったのでしょうか。

ホンダ「N-VAN」を「ステップバン」風にコンバートした「ポケットバン」
ホンダ「N-VAN」を「ステップバン」風にコンバートした「ポケットバン」

 ベースのN-VANは、ホンダの軽ハイトワゴン「N-BOX」の派生車種として、2018年7月に発売された軽商用バンです。

 大容量の荷室空間、助手席側のセンターピラーレスが実現する荷室空間の使い勝手の良さといった商用としての利便性の高さだけでなく、個性的なデザインやアレンジ力の高さといった特徴もあわせ持ち、趣味用のセカンドカーとしての需要も高いといいます。

 そのN-VANを、ホンダが1970年代に展開していた軽商用バン「ライフ ステップバン」のような雰囲気に変えたのは、レトロでかわいい軽自動車用のボディキットを製作するモデストカーズ(神奈川県相模原市)です。

 東京オートサロン2023の同社ブースに展示されていたカスタムカー「ポケットバン」は、全13点のパーツで構成されます。

 フロントはボンネット、グリル&ビレット、フロントウィンカー、ヘッドライト、フェイス、フロントバンパー、左右フェンダー、ダミーダクトが変わり、ベース車が一目で分からないほどレトロな顔立ちに変身しています。

 リアは、リアゲートカバー、テールランプベース、テールコンビランプ、バックランプ、リアバンパーガードが変更され、フロントの印象と合わせてクラシカルな雰囲気を漂わせているほか、リアゲートの取手も再現する徹底ぶりです。

 価格(消費税込)は、フロントのフルキットが9点計34万1000円、リアバンパーのフロキットが3点計6万3800円。また、新車のN-VANをベースにしたコンプリートカーは180万円から320万円(参考価格)です。

※ ※ ※

 2024年1月には東京オートサロン2024が開催されます。このイベントには毎年、ベース車の印象を一変させてしまうポケットバンのような驚きの“フェイススワップ車”が数多く登場します。東京オートサロン2024ではどのようなクルマが登場するのか、今から楽しみです。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】アンダー200万円から実現可能!? レトロ顔のN-VAN「ポケットバン」の画像を見る(34枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 再現度高いですね。欲しいかも。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー