全長6m級のトヨタ「超大型マシン」納車開始!“トヨタ初”右ハンドル独自仕様のド迫力「タンドラ」豪州に登場

トヨタのオーストラリア法人が、現行3代目「タンドラ」の右ハンドル仕様の納入を開始しました。どのようなモデルなのでしょうか。

右ハンドルの独自仕様が登場

 トヨタのオーストラリア法人は2023年12月8日、3代目「タンドラ」の豪州右ハンドル仕様の納入が始まったと発表しました。

オーストラリア仕様のトヨタ「タンドラ」
オーストラリア仕様のトヨタ「タンドラ」

 タンドラは、トヨタが北米で生産するフルサイズピックアップトラックです。

 現行モデルは、2021年9月に15年ぶりのフルモデルチェンジが行われた3代目。主な販売地域は、右側通行・左ハンドルの北米です。海外専売モデルであり日本でも正規販売されていないため、“右ハンドル仕様”も存在しません。

 しかし、オーストラリアの8月のイベントに展示された3代目タンドラは、トヨタとしては初めて、トヨタのパートナーであるウォーキンショー・オートモーティブ・グループによって、現地で右ハンドル車に改造されたモデルが用意されました。

 今回の豪州仕様は、ハンドルやペダルが右側に移動しただけではなく、いくつかの装備がベースから変更されているといいます。

 具体的には、ヘッドライト、配線、フロントシート、カーペット、トリムなどが該当し、これらの多くはトヨタのSUV「ランドクルーザー300」シリーズから調達されています。

 ボディは大柄で、全長5955mm×全幅2040mm×全高1985mm、ホイールベース3700mm。車両重量も2778kgと、3トンに迫る勢いです。

 パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「i-FORCE MAX」を採用。トランスミッションは10速ATで、最大326kW・790Nmを発揮します。牽引能力はブレーキなしで750kg、ありで4500kgです。

 この右ハンドル仕様の3代目タンドラは300台用意され、評価プログラムに選ばれた顧客に対し、2024年4月までにすべて納車されるということです。

【画像】めちゃカッコいい! これが“超巨大トヨタ”「タンドラ」です! 画像で見る(68枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー