カワサキ「新型ニンジャ」発表! 超スポーティデザインに「爆速モード」搭載!? “フル電動”の新型「Ninja e-1」24年1月発売

カワサキモータースジャパンは、新型電動バイク「Ninja e-1」「Z e-1」を2024年1月13日に発売すると発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

「ニンジャ」「Z」シリーズにニューモデル登場

 カワサキモータースジャパン(以下カワサキ)は2023年12月8日、新型「Ninja(ニンジャ) e-1」および「Z e-1」を発表しました。
 
 2024年1月13日に発売する予定です。

フル電動の「ニンジャ」と「Z」が登場!
フル電動の「ニンジャ」と「Z」が登場!

 ニンジャは1984年の登場以来人気を博しているカワサキのスポーツバイクシリーズで、大型モデルから小排気量モデルまでラインナップされています。

 今回登場したニンジャ e-1はEVスポーツモデルです。

 パワーユニットにはブラシレス電動モーターを搭載。定格出力0.98kWの第二種原動機付自転車(原付)クラスながら、400ccクラスに匹敵するトルクを発揮します。

 フルカウルの本格的な車体に加え、モーターならではの素早いレスポンスや大きなトルクで、静かで俊敏な走りを実現するといいます。

 走行モードは「ROAD」と「ECO」が選べ、最大15秒間のみハイパワーな加速と一時的な最高速向上を得られる「e-boost」や、駐輪時に便利な「ウォークモード」も装備しています。

 バッテリーはリチウムイオンバッテリーパックを2個使用し、充電は車体から取り外して専用充電器を使用するか、もしくはバッテリーパックを車体に取り付けたままアダプターで充電することもできます。

 カラーはメタリックブライトシルバー×メタリックマットライムグリーンで、ホイールにもライムグリーンのアクセントがあしらわれています。

 価格(消費税込)は106万7000円ですが、CEV補助金の対象車でかつ、自治体によって独自の補助金を利用できる場合もあります(東京都では最大58万円)。

※ ※ ※

 ニンジャ e-1と同時に発表されたZ e-1は、カワサキのスーパーネイキッドタイプ「Z」の名称が用いられたEVスポーツモデルです。

 モーターサイクル製造の長い歴史を背景に、「移動するだけではない、ライディングのよろこびこそがモーターサイクルの神髄」という想いから生まれたといいます。

 ニンジャ e-1と同様、定格出力0.98kWの第二種原動機付自転車クラスながら、躍動感のある本格的な車体を備えています。

 走行モードやe-boost、ウォークモードといった機能もニンジャ e-1と共通しており、モーターの特性を活かしたスポーティな走行が可能です。

 価格(消費税込)は101万2000円で、CEV補助金の対象車です。

【画像】超カッコイイ! 新型「ニンジャ」を画像で見る(51枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. なんでいつも写真に空白を入れてるの?
    鬱陶しいんだけど。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー