ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は

ホンダは2023年12月8日、新型「オデッセイ」を発売しました。計3タイプのシンプルなグレード構成となっていますが、このうち最安モデルはどのような内容なのでしょうか。

「最安オデッセイ」どんな内容?

 ホンダは2023年12月8日、新型「オデッセイ」を発売しました。
 
 復活したオデッセイの価格は480万400円からとなっていますが、最安モデルはどのような内容なのでしょうか。

約480万円の「オデッセイ」の中身とは
約480万円の「オデッセイ」の中身とは

 オデッセイは、2021年末に製造担当工場の閉鎖を理由に一度生産を終了しましたが、中大型ミニバンのニーズがあることや、販売現場およびユーザーからラインナップの復活を求める声があり、2023年4月に再販売を決定しました。

 新型は、国内販売終了後に中国で継続生産されていた改良型で、ホンダの国内販売モデルとしては初となる中国からの輸入車となりました。

 基本的には国内生産モデルと同等ですが、再販売に際して一部改良も加えられています。

 パワートレインは2リッターエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせる「e:HEV」モデルのみで、駆動方式はFFのみとなっています。

 エクステリアは、新デザインのフロントグリルを採用。水平基調の5本バーに突起状のデザインを組み合わせることで、さらに存在感を強めたものとなりました。

 インテリアは従来とほぼ同様ですが、背もたれ上部が前方に向かって倒れる中折れ機能や、オットマンを装備する2列目シートは電動化され、オットマンやリクライニングのきめ細かい調節が可能となっています。

 さらに、2列目用に新たにシートヒーターを装備したほか、折りたたみ式センターテーブル、USB充電ソケットも装備されるなど、快適性を向上しています。

 コクピットではアクセルオフ時の減速の調整が可能な「減速セレクター」を装備し、スイッチ式シフト「エレクトリックギアセレクター」を初採用するなど、先進感が高められています。

 先進運転支援機能では、ホンダ センシングを刷新。フロントカメラを広角化することで、衝突被害軽減ブレーキの検知対象が拡大し、交差点右折時の対向車や横断自転車、夜間の歩行者検知が可能になりました。

 加えて、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)が追加されています。

 さらに、オデッセイでは初となるコネクテッド機能「ホンダ コネクト」を採用し、エアコンやドアロックなどの操作のほか、緊急通報やロードサービスなどを利用することができます。

 ラインナップは「e:HEV ABSOLUTE(アブソルート)」「e:HEV ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION(ブラックエディション)」の3タイプを用意。価格は480万400円から516万4500円に設定されています。

 このうち、最安となるアブソルートはアルミホイールサイズが17インチとなっている点が異なります。

 また、インテリアでは、唯一本革シートは装備されておらず、ファブリック素材「FABTECT(ファブテクト)」/プライムスムースのコンビシートを装備しています。

 しかし、このコンビシートは本革シートよりも優れる点があります。

 シート表面には撥水・撥油加工がされているため、小さい子どもなどがいる家庭では、こちらを選択するメリットがありそうです。

 機能装備では、前席左右および後席で独立して温度調整ができるトリプルゾーンエアコンやハンズフリーテールゲート、ワイヤレス充電器が装備されていません。

 また、運転席大型アームレストやセンターコンソールボックスも省略され、カップホルダー付きトレーのみとなっています。

 これらがオデッセイ最安モデルの特徴ですが、装備では表面的な違いにとどまっており、最安モデルでも前席左右と2列目用シートヒーター、2列目パワーシートなどが装備され、ホンダ センシングも標準装着とするなど、十分充実した内容となっています。

 エクステリアにおいてもホイールのみの違いで、全タイプがアブソルートとなっていることから、いずれのグレードを選んでも遜色のない仕上がりです。

ホンダ・オデッセイ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! これが「一番安いオデッセイ」です! 画像で見る(75枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー