トヨタ新型「ランドクルーザープラド」公開! ライト2種類&“最強”330馬力仕様! 中国での披露に反響は

中国の一汽トヨタが、新型「ランドクルーザープラド」を「広州モーターショー2023」で公開しました。これに対し、SNSではどのような反響が寄せられているでしょうか。

新型「ランドクルーザープラド」公開

 トヨタと中国第一汽車集団の合弁会社・一汽トヨタが、新型「ランドクルーザープラド」を広州モーターショー2023(2023年11月17日~20日)で公開しました。これについてSNSでは、どのような反響があったでしょうか。

中国で公開されたトヨタ新型「ランドクルーザープラド」
中国で公開されたトヨタ新型「ランドクルーザープラド」

 ランドクルーザープラドは、トヨタの本格SUV「ランドクルーザー」の派生モデルです。1990年当時、ショートホイールベースの3ドア車のみの設定だったランドクルーザー(70系)のワゴン・バンにロングホイールベースの5ドア車が追加された際、初代ランドクルーザープラドが誕生しました。

 ランドクルーザープラドの現行モデルは、2009年に登場した4代目ですが、日本で2023年8月に発表された新型ランドクルーザー250は、この4代目の系譜を引き継ぐ新型モデルとなります。

 新型ランドクルーザー250の位置付けは、プラドと同様“ライトデューティー”。少し高級路線へと寄っていたコンセプトを見直し、人々の生活と実用を支えるランドクルーザーの原点に回帰しています。

 プラットフォームは、現行「ランドクルーザー300」と同じGA-Fプラットフォームを採用し、オフローダーとしての基本性能を大幅に向上。また、従来型以上にランドクルーザーにふさわしい力強い走りや環境性能を実現した多様なパワートレーンを採用しています。日本では最高出力204馬力を発揮する2.8リッターディーゼルターボエンジン+8速ATの組み合わせと、最高出力163馬力を発揮する2.7リッターガソリンエンジン+6速ATの組み合わせを用意します。

 内外装デザインは、伝統とモダンを融合したデザインを取り入れ、ランドクルーザーらしさを追求しています。

 一方、中国では、ランドクルーザープラドは2003年に一汽トヨタが導入し、2020年までに累計35万人近いユーザーを獲得しているといいます。

 今回発表された中国仕様の新型ランドクルーザープラドは、フロントのランプについて、レトロな丸型と、前衛的かつ強いオフロードスタイルを貫く角型から選択が可能なようです。

 パワートレインは日本とは異なり、北米仕様と同様の“最上級パワートレイン”を搭載。これは、システム最高出力330馬力・最大トルク630Nmを発揮するT24A-FTS 2.4リッターターボエンジン+モーターのハイブリッドシステムに、8速ATを組み合わせています。

 中国での新型ランドクルーザープラドの予約受付は、2024年の春節(2月10日)以降に始まる予定です。

 SNSでは、「いいなぁ」「欲しいけど金が…」といった声が。さらに「カクカクデザインだ!」「日本でもこのエンジンで出してほしい」など、デザインやスペックに言及する人も複数いました。

 さらに、「台数確保の見通しついてるのかな?」と生産体制を気にする人や、「中国ではプラドの名前残ったのか…」「漢字(普拉多)で書くとプラダみたい」と、名称に注目する投稿も多くありました。

【画像】超カッコいい! “最強仕様”のトヨタ新型「ランクルプラド」を写真で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー