ホンダが「新型プレリュード」を初公開! 伝統の「デートカー」22年ぶりの復活に衝撃走る! 栄華を誇った「スペシャリティクーペ」の軌跡とは

「ジャパンモビリティショー2023」では、ホンダが伝統的な2ドアクーペ「プレリュード」の車名を蘇らせたコンセプトカーを発表し話題となりました。このプレリュードとは、一体どのようなクルマだったのでしょうか。

ホンダを代表する「スペシャリティカー」

 2023年10月25日から11月5日まで開催された「ジャパンモビリティショー2023」では、ホンダが新型クーペのコンセプトカー「プレリュード コンセプト」を発表し大きな話題となりました。
 
 このプレリュードとは、2001年まで販売されていたホンダの伝統的な2ドアクーペの車名となりますが、一体どのようなクルマだったのでしょうか。詳しく振り返ってみます。

ホンダが世界初公開した新型「プレリュードコンセプト」
ホンダが世界初公開した新型「プレリュードコンセプト」

 プレリュードは歴代で一貫し、FFの駆動方式を基本としてきたホンダの2ドアクーペです。

 初代がデビューしたのは1978年で、ABSや電動サンルーフなど、当時の最新技術が盛り込まれた画期的な一台として登場しました。

 この初代モデルは発売以降何度かのマイナーチェンジを行い、1981年までに約31万台もの販売台数を実現。ホンダを代表するスペシャリティカーとして確固たる地位を築きます。

 1982年には2代目が登場。

 日本車では初となる4輪ABSを搭載したほか、クルーズコンピューター(後期モデルでは廃止)を装備するなど、初代同様に時代を先取った目新しい機能が豊富で、プレリュードという車種が先進的なモデルであることを強く印象づけました。

 また、海外製スポーツカーのようなソリッドなデザインも好評で、とくに女性人気が高かったのも本モデルの大きな特徴。

 当時、こうした女性人気の高い車は「デートカー」と称され、それによって男性からの人気も獲得していました。

 この2代目モデルは1986年まで販売され、1987年には3代目にバトンタッチしています。

 こちらも先々代、先代と同じくホンダを代表するスペシャリティカーとして開発され、世界初となる機械式4WS(前輪に加えて後輪も操舵する機能)を一部モデルに採用するなど、大きな進化を遂げ話題となりました。

 また、デザイン面では「女性受け」が良かった先代のスタイリングを踏襲し、引き続きデートカーとして若い世代の支持を得ました。

 当時はプレリュードに加えて日産「シルビア」、トヨタ「ソアラ」の3台がデートカーのトップの座を巡って熾烈な争いを繰り広げていましたが、現在ではその3台とも新車のラインナップからは消滅しており、当時を知る人にとっては非常に懐かしい情勢でしょう。

【画像】「えっ…!」超カッコいい! これが新型「プレリュード」です(33枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ショーモデルのコンセプトより、見出しのモデルのほうがカッコよく見えるのは、私だけ?。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー