トヨタ「新型商用バン」発表! 「車中泊」ユーザーも熱視線!? 「次期タウンエースか」の声も 新型「プロエースシティ」欧州登場に反響は

2023年11月15日にトヨタの欧州法人が発表した小型商用バン「プロエースシティ」マイナーチェンジモデルに対し、国内導入への期待など様々なコメントが寄せられています。

商用需要のほか「車中泊したい」の声も

 2023年11月15日、トヨタの欧州法人は商用車「トヨタプロフェッショナルシリーズ」3モデルそれぞれにフル電動化ラインナップを設定するとともに、各モデルのマイナーチェンジを実施しました。
 
 なかでもエクステリアのデザインをマイナーチェンジした小型商用バン「プロエースシティ」に対し、多くの反響の声が集まっています。

日本でも欲しい! トヨタ「プロエースシティ Electric」[写真は欧州仕様]
日本でも欲しい! トヨタ「プロエースシティ Electric」[写真は欧州仕様]

 プロエースシティは、トヨタが欧州で提携を結ぶステランティスグループから供給を受けるモデル。

 日本でも販売されるプジョー「リフター」/シトロエン「ベルランゴ」/フィアット「ドブロ」などの兄弟車にあたり、欧州で販売される小型クラスの商用バンおよびハイトワゴン・3列シートミニバンです。

 2019年より販売を開始し、貨物用途から乗用ワゴンモデルまで幅広く設定しています。

 ガソリンエンジンやディーゼルエンジン仕様などに加え、2021年にはBEV(バッテリーEV:電気自動車)の「プロエースシティ Electric(エレクトリック)」も追加されました。

 今回発表された新モデルではプロエースシティ Electricのバッテリー技術を向上させ、航続距離を従来型より50km増加させた330kmのクラストップ性能をマークしています。

 またエクステリアデザインを刷新し、すっきりしたフロントマスクに変更。グレードによりフルLEDヘッドライト、アルミホイールなども設定したほか、室内もステアリングホイールデザインを一新しました。

 さらにフルデジタルディスプレイや統合ナビゲーションを備えた最新のインフォテインメントシステム、ワイヤレスによるApple CarPlay/Android Auto接続など、最新の車載機能が搭載され、コネクティッド機能も全車種に搭載可能としています。

 新型プロエースシティは、今後欧州各地で順次発売される予定ですが、その詳細についてはまだ明らかにされていません。

 商用バンモデルのほか、2列シートおよび3列シートの乗用ワゴンモデルも設定されるものとみられます。

※ ※ ※

 そんな新型プロエースシティに対し、SNSなどにコメントが寄せられています。

 多かったのが「日本でも売って欲しい」「次期タウンエースはコレ!」「トヨタの販売店ネットワークで整備できるなら、ベルランゴより良いかも」など、国内導入を希望する声です。

 現行型タウンエースはインドネシアのダイハツで製造される「グランマックス」のOEMモデルが輸入されています。

 実際のタウンエースユーザーと思われる人からは「タウンエースは造りが良くない」との声もなかには見られ、どうせ輸入するなら、いっそ欧州製が良いと感じている意見も少なくないようです。

 また「これで車中泊したい」「アウトドア人気だからウケそう」などのコメントも散見され、「個人ユーザーからも支持を集めるのでは」と予想する声もあります。

 前述の通り、国内ではベルランゴやリフター、ドブロの各ワゴンモデルが正規輸入されており、トヨタブランドで導入される可能性は極めて低そうですが、それらとは異なる商用モデルとしてなら望みがあるかもしれません。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「背高バン」を画像で見る(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー