ホンダが世界に1台しかない「激レアSUV」実車展示! 24年に日本で発売!? 新型「CR-V FCEV」お披露目!

ホンダは新型「CR-V FCEV」を「名古屋モビリティショー2023」で公開しました。ブルーのカモフラージュ柄に包まれた新型CR-V FCEVとはどのようなモデルなのでしょうか。

ホンダの燃料電池車「CR-V FCEV」実車公開!

 ホンダは、2023年11月23日から26日に開催された「名古屋モビリティショー2023」で、日本未発売の新型「CR-V」の実車を公開しました。
 
「東京モーターショー」が「ジャパンモビリティショー」と名称変更されたことを受け、「名古屋モーターショー」も「名古屋モビリティショー」へと進化し、4年ぶりの開催となりました。

ホンダ新型「CR-V FCEV」
ホンダ新型「CR-V FCEV」

 ホンダが実車を展示した新型CR-Vは、6代目モデルとして海外で販売されているモデル。展示車はPHEV車をベースとしたFCEV(燃料電池車)です。

 新型CR-Vのエクステリアは、洗練された力強いスタイリングを採用し、水平方向のラインが大きくなったボディを強調し、堂々とした存在感を感じさせます。

 インテリアは、ダッシュボードなど、キャビンのさまざまな箇所がピアノブラック仕上げとしたほか、レザーのシートやステアリングが高級感を演出しました。

 ボディサイズは全長4626mm×全幅1855mm×全高1679mmと、トヨタ「ハリアー」と同等のサイズです。

 ホンダは、「カーボンニュートラル社会に向けた、Hondaの水素活用拡大の取り組み」について、2050年にホンダが関わるすべての製品と企業活動を通じて、カーボンニュートラル実現を目指すとしており、新型CR-V FCEVを日本でも2024年に発売する予定だといいます。

 名古屋モビリティショー2023で公開された新型CR-V FCEVは、ブルーのカモフラージュ柄で覆われており、水素で走るクルマであることを示す「Hydrogen」の文字があしらわれました。

 そしてボンネットには、トヨタ自動車の会長である豊田章男氏(モリゾウ選手)のサインが入れられているのですが、これは2023年11月11日・12日に行われた「スーパー耐久シリーズ2023 最終戦」でホンダが新型CR-V FCEVを世界初公開した際に豊田氏によって施されたもの。

 ホンダとトヨタがコラボした、世界に1台しかないスペシャルな車両となっているのですが、プラグイン機能も備えるなど、電気と水素のハイブリッドで走るという特徴を持っています。

※ ※ ※

 新型CR-V FCEVのほかに、ホンダは、2023年冬に再販予定の新型「オデッセイ」と2024年春発売予定の新型「アコード」を名古屋モビリティショー2023で初公開しました。

【画像】「えっ…!」めちゃカッコいい! これが新型「CR-V」です! 画像を見る(28枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー