マツダ「目がバグる!ロードスター」を実車展示! 小さいけど…斬新機能搭載!? 大人も羨ましがる「私も乗りたい」声も! 各地でお披露目へ

マツダは「お姉さんよりも小さなロードスター」を名古屋モビリティショーで展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

お姉さんが大きく見える! ミニロードスターとは

 マツダは2023年11月23日から26日まで開催されていた「名古屋モビリティショー」に小さな「ロードスター」の実車展示を行いました。
 
 お姉さんよりも小さなロードスターとはどのようなモデルなのでしょうか。

あれ? 奥のお姉さんが大きく見える! 目がバグるミニロードスターとは
あれ? 奥のお姉さんが大きく見える! 目がバグるミニロードスターとは

 マツダの小型スポーツカーとなるロードスターは、1989年に初代モデル(NA型)がデビュー。

 その後、2代目(NB型)が1998年、3代目(NC型)が2005年、現行となる4代目(ND型)が2015年と、モデルチェンジを繰り返してきました。

 また4代目では電動ハードトップ仕様となる「ロードスターRF」が設定されるなど、新たなモデルも登場しています。

 そんなロードスターですが、10月25日から11月5日まで開催された「ジャパンモビリティショー2023」にて小さなロードスターこと「MAZDA ROADSTER 2/3 SCALE」を展示しました。

 これは名前のとおり3分の2にダウンサイズしたもので、マツダは「お子さまにオープンカーで走る楽しさを疑似的に感じていただけるアトラクションです」と説明しており、対象年齢は小学生以下です。

 その実物には従来ロードスターのステアリングやメーター類を搭載する他、タイヤにはヨコハマのスポーツタイヤとなるアドバンを装着しています。

 またアクセルペダルを踏むと送風口から風が出てくるという凝った仕組みとなっていました。

 SNSでは「ミニロードスターちゃんと195/50r16履いてる!」、「マジで可愛い!」、「ここに子供が座れるのも尊いです」、「子供用のミニロードスター凄い」という声も。

 なおジャパンモビリティショー2023でお披露目された後、マツダミュージアムでも展示され、今回の名古屋モビリティショーでも展示される流れとなりました。

 また現地を訪れた人からは「子供用のロードスターですが、おじさんの自分でも乗ってみたい」、「マツダは子供向けにこんな展示が用意されているのは良いですね」という声が見られました。

※ ※ ※

 なおモビリティショーはジャパン(東京)、名古屋、大阪、福岡、札幌と2023年の年末から2024年の年明けにかけて各地で開催される予定です。

【画像】「えっ…!」目がバグるけど、超可愛い! お姉さんが大きく見えるミニロードスターを画像で見る!(58枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 名古屋モビリティショウに見に行った。この2/3
    は非常に出来がいい。マヂで欲しかった。MAZDAはこう言う事は得意だ。まぁ、メーカーがやるから出来がいいのは当たり前かもしれないが、、。
    マイナー後のRFの bbsの実車があって運転席に座る奴やってたが、スライドドアの子育て車輌とSUVしか乗ってない奴ばかりで展示車が可哀想だった。俺はnd ロードスター は3台目、na.nbも乗ってたからな。デブは乗るなよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー