「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは

軽自動車でいま最も人気な「軽スーパーハイトワゴン」のトレンドは、クロスオーバーモデルのラインナップです。しかし2023年10月にフルモデルチェンジした3代目の新型N-BOXには、同様の設定がありません。追加されることはあるのでしょうか。

新型「N-BOXクロス」待望論高まる! ホンダはどう考える?

 軽自動車で今もっとも人気のあるジャンルである「軽スーパーハイトワゴン」ですが、昨今は三菱「デリカミニ」やダイハツ「タントファンクロス」などのクロスオーバーSUVタイプも人気となっています。
 
 しかし現在のところ、同カテゴリーでもっとも売れているホンダ「N-BOX」には同様の仕様が存在しません。各社が導入する流れのなか、なぜN-BOXはSUVタイプを出さないのでしょうか。

「めっちゃ欲しい」の声も! N-BOX派生のクロスオーバーモデルは登場するのか!?[写真は東京オートサロン2014に参考出品したSUV仕様のN-BOX「N-BOX+ エレメントコンセプト」]
「めっちゃ欲しい」の声も! N-BOX派生のクロスオーバーモデルは登場するのか!?[写真は東京オートサロン2014に参考出品したSUV仕様のN-BOX「N-BOX+ エレメントコンセプト」]

 2011年の初代登場以降、20代・30代の子育て世代から60代のシニア層まで、幅広いユーザーに支持されてきたN-BOX。

 N-BOXのルーフを下げてストリート仕様とした「N-BOXスラッシュ」(2014年12月から2020年2月)もありましたが、基本的には、王道の標準モデルと、エアロパーツなどでドレスアップを図ったカスタムモデル(N-BOXカスタム)を中心としてきました。

 2023年10月6日にフルモデルチェンジした3代目の新型N-BOXも、従来通り標準とカスタムの2つをラインアップし、流行りのSUV風モデルは今のところ用意されていません。

 2015年ごろから、スズキ「ハスラー」やダイハツ「タフト」、三菱「eKクロス」など、軽スーパーハイトワゴンよりも背の低い軽ハイトワゴンにおいて、SUV風カスタムが人気となっていました。

 そして2018年12月にスズキが「スペーシア」にSUVタイプの「スペーシアギア」を追加して以降、その流れが軽スーパーハイトワゴンにも波及しました。

 デリカミニ(ベースは「eKスペース/eKクロススペース」)やタントファンクロス、スペーシアギアなどはいずれも、標準タイプよりも華やかなデザインで、いま人気となっています。

 流行のSUV風カスタムを、なぜN-BOXは設定していないのでしょうか。

 その理由は、ホンダが現状のN-BOXで用意している王道の標準モデルとカスタムモデルで十分だと判断しているからだと考えられます。

 SUV風カスタムには華やかさがあるものの、凝ったつくりゆえ、むしろ早く飽きられてしまうリスクも考えられます。

 もちろん、今後N-BOXの存在を脅かすようなSUV風カスタムの大ヒット軽スーパーハイトワゴンが登場することがあるなら、N-BOXも挑戦せざるを得ないでしょう。

 しかし長年にわたってダントツの1位を維持し続けているN-BOXとしては、余計なことをしてコストをかける必要がないし、そのぶん安く売ったほうがいいのです。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「軽ワゴン」SUVモデルを画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 遅れて出る可能性もあるよなぁ…
    受注が一段落したタイミングとかでね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー