トヨタ新型「最大級商用バン」初公開! 顔面刷新の「プロエースマックス」登場! 利便性高めた“新仕様”まもなく欧州で発表へ

2023年11月15日、トヨタのヨーロッパ法人は、新型“大型商用バン”「PROACE MAX」を発表しました。どのようなクルマなのでしょうか。

BEVの大型商用バン「PROACE MAX」

 2023年11月15日、トヨタのヨーロッパ法人は(以下、トヨタ)BEV(バッテリーEV)の新型“大型商用バン”「PROACE MAX(プロエース マックス)」を発表しました。

めちゃデカイ! トヨタ新型「プロエースマックス」
めちゃデカイ! トヨタ新型「プロエースマックス」

 PROACE(プロエース)シリーズは、トヨタがヨーロッパで販売する商用バンです。

 2013年に初代モデルが販売開始され、その後、2016年にはフルモデルチェンジを迎え2代目となり、2020年には新たに電動化された「PROACE EV」が発表されました。

 今回発表された新型「PROACE MAX」は、そんなPROACEシリーズの最上位モデル。商用車らしくホイールベースや全高などを変更する事ができ、合計で6通りの組み合わせの中から用途に合ったサイズを選ぶことができます。

 パワートレインでは、バッテリーの強化により、最長航続距離420km (WTLP 規格)を実現。長い航続距離により実際の業務の中での実用性を確保しています。

 エクステリアは、フロントのデザインを一新。商用車ながら精巧な顔つきとなっており、トヨタのアイデンティティを強調しています。また、大きな270度開閉ドアと四角い開口部により、荷物の快適な積み下ろしを実現しています。

 インテリアは、ステアリングホイールのデザインが新しくなり、よりモダンな印象を与えます。さらにフルデジタルディスプレイやナビゲーション内臓の最新インフォテインメントシステム、ワイヤレスのApple CarPlayまたはAndroid Auto接続など、最新の車載機器が備わっています。

 また、新型PROACE MAXでは安全性の進化も注目ポイント。全モデルにToyota Safety Senseが標準搭載されており、安全に業務を行えるように配慮されています。

※ ※ ※

 今回公開された新型「PROACE MAX」を含むトヨタプロフェッショナルの製品とサービスの詳細は、11月下旬に開催されるToyota Kenshiki Forumで発表される予定です。

【画像】めちゃカッコイイ! トヨタ”新型最大級商用バン”「プロエースマックス」を画像で見る(13枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー