目がバグる! 縮尺おかしい「フェラーリのような何か」登場! アンダー100万円の「激レア謎マシン」米で落札

フェラーリ「エンツォフェラーリ」そっくり(?)なポンティアック「フィエロ」が、海外のオークションサイトに登場しました。どのようなモデルなのでしょうか。

フェラーリ(?)なポンティアック「フィエロ」がまさかの100万円以下!

 2023年11月7日、米国のオークションサイト「Cars and Bids」は1986年製のポンティアック「フィエロ」を出品しました。

 その外観はフェラーリの歴史的な名車である「エンツォフェラーリ」に似せてあります。どのような車両なのか、詳細を見てみましょう。

フェラーリ…じゃない! オークションに出品されたポンティアック「フィエロ」(Photo:Cars and Bids)
フェラーリ…じゃない! オークションに出品されたポンティアック「フィエロ」(Photo:Cars and Bids)

 フェラーリが創業55周年を記念して製造したエンツォフェラーリ 。創業者「エンツォ・フェラーリ」の名前を冠しており、全世界で399台しか生産されていない貴重なスーパースポーツカーです。

 今回Cars and Bidsに出品されたクルマは、フィエロをベースに、そんなエンツォフェラーリに似せてある“レプリカ”となります。さすがに本物と見間違うとは口が裂けても言えない仕上がりですが、それでもフロントの鋭いデザインからはフェラーリらしさを感じさせます。

 パワートレインには、2.8リッターのV型6気筒エンジンと4速オートマチックトランスミッションを組み合わせ搭載。最大約141馬力、最大トルク約23.4kgf-mを出力し後輪を駆動します。

 また、エンツォ同様シザードアの開閉方式を採用。それに加えて、モックアップのV12エンジンカバーも装備するなど、意外と凝った仕様です。

 ただし、これまでの走行距離は14万9000マイル(23万9700キロ)とかなり過走行気味。さらに外装に傷や欠けがある他、ハイビームやリアハッチが機能していなかったり、ドアの窓がなくなっていたりするなど、決して良好な状態とはいえません。

 そのような事情もあり、本車両は26件の入札の後、5950ドル(約90万円)で落札されました。

※ ※ ※

 ポンティアック「フィエロ」は、フェラーリやランボルギーニのレプリカを作る際、ベース車両としてよく使われます。日本でも「カウンタック」や「ディアブロ」に改造されたフィエロが中古で取引されていますが、最低でも200万円程度はしており、今回のフィエロはある意味“格安”かもしれません。

【画像】カッコイイ!? 縮尺おかしい「フェラーリのような何か」を画像で見る(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 問答無用に目立つことは間違いありません。
    逆張りに無敵な、メッセージであります。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー