トヨタが発売した斬新顔の「クーペセダン」が凄い! 衝撃の登場で反響どう? 1年経ったプリウスとは

トヨタ「プリウス」の世界初公開から1年経過した現在、販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

あの衝撃から1年… トヨタ「プリウス」に対する今の反響は?

 トヨタは、2022年11月16日に5代目となる「プリウス」を世界初公開しました。
 
 2023年1月にハイブリッド車、3月にプラグインハイブリッド車を相次いで発売しました。
 
 そんな中、世界初公開から1年経った現在、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

衝撃の世界初公開から1年、いま販売店に寄せられる反響は?
衝撃の世界初公開から1年、いま販売店に寄せられる反響は?

 初代プリウスは、「21世紀に間にあいました。」のキャッチコピーで、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生。

 5代目となるプリウスは、前述の通り2022年7月に世界初公開されます。

 その際、世界中のユーザーからデザイン性の高さについて評価する声が聞かれました。

 5代目プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を併せ持ったエモーショナルなプリウスへと進化しました。

 ボディサイズは全長4600mm×全幅1780mm×全高1430mm、ホイールベース2750mmと先代モデルより、全長は55mm、全幅が20mm、ホイールベースが50mmと拡大するものの、全高は40mmも下げています。

 パワートレインは、1.8リッター/2リッターのハイブリッド車、2リッターのプラグインハイブリッド車を設定。

 とくにプラグインハイブリッド車はシステム最高出力223馬力を達成。PHEVならではの力強い加速性能は0-100km/h加速で6.7秒をマークするなど、圧倒的な動力性能を実現しました。

 そんな新型プリウスの世界初公開から約1年が経過し、街中で走っている光景も目にする機械が多くなっています。

 現在、トヨタ販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

 関東圏のトヨタ販売店担当者は、次のように話します。

「ありがたいことに新型プリウスは発売から約1年が経過しようとしていますが、多くのお客様からお問い合わせをいただいております。

 すでに納車されていて、半年点検などでお越しいただくお客様は『すごい仕上がったクルマだね』とほめていただけています」

 中部圏のトヨタ販売店担当者は、次のように話します。

「新型プリウスは世界初公開の時から多くの問合せを頂き、その後の発売でも多くのお客様に購入頂きました。

 現在でも問合せはそれなりに多い状況で、やはりプリウスのブランド力は高いなと実感しています。

 お客様の年齢層も20代から60代と幅広く、多くの人に興味を持っていただいています」

 また、関西圏のトヨタ販売店担当者は、次のように話します。

「新型プリウスについては、多くのお客様から良い反響をいただいています。

 特に『スポーティな走りも全然へっちゃらだね』など、走行性能の高さについて喜ばれているお客様が多い印象です。

 乗っていて楽しいクルマになっているのではないかと感じます」

※ ※ ※

 なお納期については公式ホームページで「詳しくは販売店にお問い合わせください」とあるものの、KINTO専用仕様車の「Uグレード」であれば1.5か月から2か月程度と比較的早く納車が出来るようです。

【画像】これが最強プリウス! トヨタが本気で作った爆速仕様の画像を見る!(42枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー