ホンダ「シティ」が現代に蘇る!? 目指したのは「Hondaらしさ」の復活? 世界初公開の新型3ドアコンパクト「サステナ・シー」の狙いとは

誰が見ても「Hondaらしい」とわかるデザインを

 そして田中氏は、サステナ・シー コンセプトのボディパネルについてこのように説明しました。

「プレスリリースでも、サステナ・シー コンセプトはサスティナブルな素材を使っていると説明しています。

 100%リサイクルできるアクリル樹脂でボディパネルを作っていますが、この赤いパネルはアクリルで、塗装していません。アクリルは無塗装でも美しい色合いが出せます。

 自動車製造におけるCO2排出の大部分は塗装の工程が占めているので、塗装なしで成立するクルマを作りたい、という希望もありました」

 そして気になる車名の「C」について突っ込んでみたところ「あくまでもコンパクトのCです」と笑いながら答えてくれ、シティとの関連性も決して否定はしませんでした。

手前に置かれているのが2輪車「Pocket Concept(ポケット コンセプト)」です
手前に置かれているのが2輪車「Pocket Concept(ポケット コンセプト)」です

 続いて気になるデザインの真相に関して、e-モビリティデザイン開発室 プロダクトデザインスタジオ チーフデザイナーの古仲 学氏は、このように語りました。

「サステナ・シー コンセプトとポケット コンセプトのデザインは、社内のデザインコンペで決定しました。

 ホンダは2023年で創立75周年を迎えるということもあり、いろいろなヘリテージ(伝統)や良いアセット(資産)を持っているのですが、それを生かしたデザインの中にこの2台がありました。

 つまり、意図的に当時をオマージュして生まれたデザインではありません。

 誰が見てもホンダのクルマだとわかるデザインで、往年のホンダファンだけでなく、若い方々にも『やっぱりホンダはいいね』と思っていただけるのではないでしょうか」

※ ※ ※

 このインタビューでは、サステナ・シー コンセプトがコンパクトカーで出現した理由や、シティとの関係性を聞くことができました。

 また多くの人がサステナ・シー コンセプトに寄せる「これはいかにもホンダのクルマだ!」という感想を、ホンダ自身も感じていたことがわかります。

 SNSでの反響を見ても、サステナ・シー コンセプトの提案は多くの人に共感を与えているように感じます。

 ホンダらしいモデルという意味でも、コンセプトモデルに近い状態での市販化が望まれる一台です。

【画像】めちゃカッコいい! 現代版「シティ」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー