「アルファード」…じゃない!? 新型ミニバン「デンザD9」日本初公開! 人気のBYDモデル“上陸”なるか

BYDオートジャパンが、大型ミニバン「DENZA(デンツァ) D9」を「ジャパンモビリティショー2023」で日本初公開しました。

メルセデスと共同開発

 BYDオートジャパンは2023年10月25日、大型ミニバン「DENZA(デンザ) D9」を「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」で日本初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

BYDの大型ミニバン「デンザD9」
BYDの大型ミニバン「デンザD9」

 DENZAは、BYDとメルセデス・ベンツの合弁会社が中国で展開するハイエンドサブブランドです。

 このDENZAブランドのD9は、2022年8月に発売し、2023年10月までの中国での累計販売台数は10万台を超えるといいます。

 ボディサイズは全長5250mm×全幅1960mm×全高1920mm、ホイールベース3110mm。パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHEV)とバッテリーEV(電気自動車)の2種類です。

 PHEVモデルは、1.5リッター直列4気筒ターボエンジンと出力170kWのモーター(四駆グレードは後ろに45kWモーターを追加)を組み合わせています。

 航続距離はNEDC方式で945km(二駆上位グレードは1040km、四駆グレードは970km)。上位グレードは電気のみで190kmの走行も可能です。

 BEVモデルは、航続距離が620km(四駆はCLTC方式で600km)です。

 JMS2023のBYDブースには、このBEVモデルが展示されています。

 3列7人乗りで、説明スタッフによると想定される用途については、「家族連れももちろん、友人を乗せての旅行や、重役の送迎など」といいます。

 D9の価格は、中国では38万9800元から45万9800元(約800万円から約940万円)ですが、日本では導入も価格も未定とのことです。

 日本ではトヨタの大型ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」が支持を集めていますが、外見も用途も共通の要素を持つD9が日本上陸となれば、新たなライバルになるかもしれません。

※ ※ ※

 JMS2023は、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催。一般公開は10月28日から11月5日までです。

 BYDオートジャパンは期間中、D9に加え、日本でも販売中のミドルサイズSUV「ATTO 3」、コンパクトEV「DOLPHIN」、導入予定のEVセダン「SEAL」の3種と、プレミアムブランド「仰望(ヤンワン)」のオフロードSUV「U8」が展示されます。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】圧倒的存在感と豪華内装…これが「日本初公開」BYDミニバンです! 写真で見る(66枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー