新型「爆速“1人乗り”オープンカー」発表! マジで公道走行可能なの!? 320馬力「直4NA」搭載の「Mono」米で発表に称賛の声

英国の自動車メーカー「BAC」は、フラッグシップモデルであるシングルシーターのスポーツカー「Mono」の新モデルを発表。このクルマについて様々な反響が集まっています。

公道も走れる「Mono」の新モデルに称賛の声

 英国の自動車メーカー「BAC」は、2023年8月17日から3日間にわたり米カリフォルニア州で開かれた「モントレー・カー・ウィーク2023」で、シングルシータースポーツカー「Mono」の新モデルを発表しました。

 1か月後の9月18日には、1号車が納品された同車について、様々な反響が集まっています。

これで公道走行可能!? BAC新型「Mono」
これで公道走行可能!? BAC新型「Mono」

 英国に本拠を置く自動車メーカー「ブリックス・オートモーティブ・カンパニー(BAC)」。同社の生産する、非常に個性的なスポーツカーがMonoです。

 同車は、車体の真ん中に運転席を配するシングルシーター(1人乗り)のスポーツカーです。運転席上部は窓ガラスなどはなく、むき出し。ハンドルも完全なレーシング仕様で、一見するとただのフォーミュラカーにしか思えません。

 しかし、フロント部分にバックミラーやヘッドライトらしき装備がある点からも分かるように、本車両はサーキットだけでなく、公道走行も想定されています。

 もともと、10年以上前から改良と生産が続けられているMonoですが、モントレー・カー・ウィーク2023では、その新モデルが登場しました。

 パワートレインは、最大出力320馬力・最大トルク約31.9kgf-mを発揮する2.5リッター直列4気筒自然吸気エンジンと6速シーケンシャルトランスミッションを組み合わせ搭載。車両重量は570kgという軽さです。

 そのためパワーウェイトレシオは、1t当たりに換算すると546馬力にもなります。そのため、加速能力も素晴らしく、停止状態からわずか2.7秒で時速60マイル(時速約96km)に到達します。

 重量配分はフロント41%、リア59%という、ややリア寄りのバランスになっています。これにより、機敏ながら落ち着いたアプローチを発揮するそうです。

 今回の新モデルは、デザインが微調整されており、より洗練されたインテークシステムやリアスポイラーを備えています。

 9月18日に初めて顧客に引き渡されたMonoは、輝くような銀色をベースに、黒色と青緑色を加えたカラーリングでした。

※ ※ ※

 見た目のインパクトも絶大なMono。本車両について、他の人の反応を伺ってみました。

 すると「カッコイイね!」「ここまで軽いとは……」「NAエンジンなのは面白い」といったコメントが多くありました。

 その他「バッドマンの車両っぽいな」「普通にフォーミュラカー」といったコメントに加え「一人でドライブするのも楽しそう」などの意見もありました。

トヨタ・スープラ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 斬新スギ"爆速マシン" BAC新型「Mono」を画像で見る(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. すごいですね、輸入業者はあるのですか、おいくら万円なのでしょうね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー