日産が次期型「GT-R」世界初公開!? ド迫力ボディ&斬新内装がカッコイイ! 新型「ハイパーフォース」がサプライズ登場

2023年10月25日、日産は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて、新型「ニッサン ハイパーフォース」を世界初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

日産新型「ニッサン ハイパーフォース」世界初公開

 2023年10月25日、日産は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(以下JMS2023)」にて、新型「ニッサン ハイパーフォース(以下新型ハイパーフォース)」を世界初公開しました。

めちゃカッコイイ! サプライズ登場した日産新型「ハイパーフォース」
めちゃカッコイイ! サプライズ登場した日産新型「ハイパーフォース」

 日産はJMS2023に向け、複数のEVコンセプトカーを順次先行公開していました。

 10月3日にまず第1弾のクロスオーバーEV「ニッサン ハイパーアーバン」、その後10月10日に第2弾の本格SUV「ニッサン ハイパーアドベンチャー」、10月17日に第3弾のプレミアムEVミニバン「ニッサン ハイパーツアラー」、10月19日に第4弾のコンパクトクロスオーバーEV「ニッサン ハイパーパンク」です。

 ニッサン ハイパーツアラーおよびニッサン ハイパーパンクについては、10月25日にも実車公開が行われました。

 そしてそんなハイパーシリーズの一つとして、今回サプライズ登場したのが新型ハイパーフォースです。

新型ニッサン ハイパーフォースは、究極のドライビングプレジャーを追求しながら、高い環境性能と日常での快適性を兼ね備えた次世代の高性能スーパーカーです。

 最適な重量バランスで搭載した全固体電池と高出力モーターのパワートレインは、最大出力1000kW(約1359馬力)を発生し、圧倒的な加速力を発揮します。

 強力なダウンフォースを生み出す空力設計、進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」、高強度カーボンを活用した軽量化車体により、サーキットやワインディングロードで今までにないコーナリング性能と卓越した操作性を実現します。

 エクステリアは低くワイドに構えたスタンスで、なめらかな曲線とボディパネルの大胆な幾何学模様をシームレスに融合させたデザインが、高いパフォーマンスを予感させます。

 フロントデザインやキャビンシルエット、リアコンビネーションランプなどには、日産のハイパフォーマンスカーのデザインDNAを織り込混ぜているといいます。

 確かに、リアに配された丸目4灯のテールライトや、ドットで表示された赤白のロゴが、“GT-R”を想起させるデザインです。

 強力なダウンフォースを生み出す空力設計は、NISMOレーシングチームと共同開発。フロントボンネット下に2段に分かれた空力構造を採用することで、強力なダウンフォースと、高い冷却性能を両立しています。

 ドアウインドウ後方から取り入れた空気は、リアトランク上部で整流し、日産として新たに採用した二重構造ディフューザーが、車体の前方から後方にかけての空気の流れを最適化。フロントカナード、フロントフェンダーフリップ、リヤウイング両端に採用した独自のアクティブエアロ機能に加え、新開発のプラズマアクチュエーターが空気の剥離を抑えることにより、コーナリング時の内輪のリフトを最大限抑えながらグリップ力を最大化します。

 また、軽量かつ高強度のカーボンホイールは、立体感のある特徴的なデザインで、空力とブレーキ冷却性能を向上させています。

 インテリアは、近未来的で斬新なデザイン。運転席と助手席には、スポーツ走行で乗員を最適にホールドし、快適に長距離ドライブも楽しめる、軽量で高剛性なカーボン製シートと、4点式のシートベルトを採用しています。

 また、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を体験できる専用のヘルメットを装着することで、リアルとバーチャルのどちらの世界でも走りを楽しむことが可能。停車中にヘルメットのVR用ブラインドシールドを使えば、クルマがゲームシミュレーターとなり、タイムアタックや対戦モードで楽しみながら運転スキルを磨くことができます。

 実際のサーキットを走行する際には、ヘルメットのAR用スケルトンシールドを使用することで、サーキット上に自身や友人、プロドライバーのデジタル「ゴースト」を表示し、競いながら運転スキルを向上できる新しい運転の楽しみ方を提供するといいます。

 さらに、スポーツ走行用にチューニングされた最先端のLiDAR技術を採用した自動運転技術により、公道でもサーキットでも高い安全性を追求しています。

 同車には、サーキットなどを走行する際に、意のままにクルマを操りながら最高のパフォーマンスを発揮できるR(レーシング)モードと、どこまでも快適に走れるGT(グランドツーリング)モードの2種類のドライブモードを設定しています。

 モードにあわせてカラーや表示内容が変化するインストルメントパネルのGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)は、株式会社ポリフォニー・デジタルとコラボレーションし、ドライブシーンに合わせて、ドライバーが最も望む情報を瞬時に表示し、調整できるデザインを採用しています。

 Rモードでは赤いライティングで彩られたインストルメントパネル全体がドライバーに向かってせり出し、直感的な操作がしやすいコックピットに変化します。ステアリング周りに配置された4画面には、4輪それぞれのタイヤ温度、空気圧、ブレーキローター温度、駆動力配分をリアルタイムで表示します。

 GTモードでは、インストルメントパネルのライティングが青色へと変化し、Rモードで4分割されていたステアリング周りの画面が統合され、エアコンやオーディオに加え、サスペンションやスタビライザーのセッティングなど、グランドツーリングに最適な情報を表示します。なお、サスペンションとスタビライザーについては、走行中でも画面上で簡単かつ直観的に操作してチューニングできる世界初のシステムを採用しています。

【画像】めちゃカッコイイ! 日産”新型スーパーカー”「ハイパーフォース」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

9件のコメント

  1. 衝突安全基準との兼ね合いで市販仕様は現行シビックと瓜二つになりそう

  2. ウルトラセブンに出てくるポインターみたい、酷いデザイン、
    フェラーリやポルシェ、ランボル、ブガッティ・ヴェイロンとはデザインの次元が低すぎて苦笑いしか出てこない。そしてこれをカッコイイという人の感覚を疑ってしまう、私なら恥ずかしくて乗れません

    • 載れませんて、販売されるにしてもコレそのままじゃないんだから。。。

  3. グループ5みたいでかっこいい!

  4. 小学生が段ボールで作ったみたいw これを公表する神経w

  5. 広告をページ数にカウントして水増しすんな。
    姑息で恥ずかしいとは思わんのかね?

  6. ∀ガンダム見たときの感覚に似てる「どーしてこうなった????」

  7. 50年位前に想像された近未来カーみたい。大御所デザイナーに、誰も何も言えない状況なんですか?性能や安全が素晴らしくてもカッコ悪い車は売れない。いくらコンセプトカーでも斬新=格好いいではない。

    • 2001年時のGTRコンセプトからのR35同様、R36市販時には洗練されてるとは思うのだが・・。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー