三菱が新型「SUVミニバン」世界初公開! 次期型「デリカ」か!? クロスオーバーPHEV「D:Xコンセプト」発表

三菱は、次世代の「デリカ」をイメージした電動クロスオーバーミニバンのコンセプトカー「MITSUBISHI D:X Concept(ミツビシ ディーエックス コンセプト、以下新型D:X)」を世界初公開しました。

未来の「デリカ」をイメージしたコンセプトカー

 三菱自動車工業(以下、三菱)は2023年10月25日、「MITSUBISHI D:X Concept(ミツビシ ディーエックス コンセプト、以下新型D:X)」を、第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023:JMS2023)」で世界初公開しました。
 
 新型D:Xは、次世代の「デリカ」をイメージした電動クロスオーバーミニバンのコンセプトカーです。

三菱が世界初公開した電動クロスオーバーミニバンのコンセプトモデル「MITSUBISHI D:X Concept(ミツビシ ディーエックス コンセプト)」
三菱が世界初公開した電動クロスオーバーミニバンのコンセプトモデル「MITSUBISHI D:X Concept(ミツビシ ディーエックス コンセプト)」

 三菱のJMS2023出展テーマは「冒険心はいつもあなたの中にある。いつだって誰だって、どこにいたって冒険はできる。」。

 ブーステーマを反映し、新型D:Xについて三菱は「冒険心を呼び覚ます三菱らしいコンセプトカーだ」と説明します。

 具体的には、ミニバンならではの便利で快適な広い室内空間と、SUV(クロスオーバー)ならではの高い走破性を兼ね備え、さらに行動範囲を限定しないPHEV(プラグインハイブリッド)がもたらす力強く快適な走りを実現したモデルで、さまざまな冒険の良き相棒として、アクティブなモビリティライフをサポートするといいます。

 D:Xの車名のうち、Dは「discover(発見する)」を、Xは「experience(経験)」を意味するといいますが、一方で三菱では「未来のDELICA(デリカ)をイメージしたコンセプトカー」とも説明していることから、複数の意味合いが込められているとみられます。

 このデリカという車名は、1968年から55年にわたって続く三菱の伝統的なブランドです。

 現在も、クロスオーバーミニバン「デリカD:5」や、クロスオーバー軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」などに継承されています。

 なかでもデリカD:5は、2007年に「デリカスペースギア」の後継モデルとして誕生した3列シートミニバンで、スクエアなスタイルがもたらす広い空間と、高い地上高を特徴とするSUVテイストのキャラクターを特徴とする人気モデルです。

 2019年2月には大規模なマイナーチェンジを実施し、内外装デザインを一新。

 2.2リッターのクリーンディーゼルターボエンジンを大幅改良のうえ、新開発の8速ATと組み合わせ性能を向上させ、先進運転支援機能「e-Assist」を採用するなど最新モデル同等の性能にアップデートし、現在も販売を続けています。

 新型D:Xは、こうしたデリカD:5の将来像を指し示すコンセプトモデルとして大いに注目されます。

【画像】めちゃカッコいい! 三菱 新型「デリカ」コンセプトを画像で見る(45枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー