550万円超え! 全長4m級の新型「小さな高級車」誕生!? 11年ぶり全面刷新した新型「ビュート ストーリー」 超豪華な“フルオプション仕様”の詳細とは?

光岡が2023年9月22日に発売した新型コンパクトカー「ビュート ストーリー」最上級モデルに、メーカーオプションをすべて選択すると、どれくらいの金額になるのでしょうか。

まさかの「アルファード」超え価格に! 驚きの仕様とは

 光岡は2023年9月22日、新型コンパクトカー「ビュート ストーリー」を発売しました。
 
 光岡のクラフトマンシップによって多くの工程を手作業により完成された同車は、まさに「小さな高級車」と称される上品な仕上がりですが、最上級グレードに選択できるメーカーオプションをすべて装着すると、いくらになるのでしょうか。

高級な内外装の仕立てが特徴の「ビュート ストーリー」
高級な内外装の仕立てが特徴の「ビュート ストーリー」

 初代ビュートは1993年に登場。日産のコンパクトカー「マーチ」をベースに、英国の高級車であるジャガー「マークII」をモチーフとした手作りの外装パーツを装着するモデルです。

 キュートな丸形ヘッドライトやメッキバンパーなど、クラシカルな印象をもたらす特徴的なエクステリアが人気を博し、累計1万3000台が販売されるなど、多彩なカスタムモデルを手掛ける光岡のなかでは主力モデルに位置しています。

 ビュートはこれまで一貫してマーチをベース車両に採用しており、マーチのモデルチェンジとともにビュートも改良されていましたが、2022年8月をもってマーチが国内販売を終了し、ベース車両が不在となっていました。

 そして今回、ビュート登場から30年目を迎える節目として後継モデルとなる新型ビュート ストーリーが発売されました。

 11年ぶりの全面刷新となった新型ビュート ストーリーは、シリーズ通算4代目となり、ベース車両はシリーズ初のトヨタ車である「ヤリス」が採用されました。

 新型ビュート ストーリーは先進運転支援システムの採用など、進化を遂げながらも、従来と変わらないコンセプトをもった、令和にふさわしいクルマに生まれ変わったといいます。

 ボディサイズは、全長4090mm×全幅1695mm×全高1500mm-1515mm。

 エクステリアは、瞳のような丸型ヘッドランプやハート型のグリルなどを装備。人懐こい表情とレトロなデザインを継承しています。

 インテリアはヤリスがベースですが、シートは8色から選べるレザーシートを採用するほか、インパネとシートが同色となるオプションも用意します。

 パワートレインはヤリスと同一で、1リッターもしくは1.5リッター直列3気筒エンジン、さらにビュートでは初となる1.5リッター直列3気筒エンジン+モーターを組み合わせるハイブリッドの3種類から選択が可能です。

 トランスミッションは、1リッターエンジンモデルではCVT、1.5リッターエンジンモデルではCVTもしくは6速MT、ハイブリッドモデルではCVTが組み合わされます。また、駆動方式は2WD/4WDが選択可能です。

 そんな新型ビュート ストーリーですが、もっとも高額なグレードは「ハイブリッド LX」の4WD(E-Four)車で、価格(消費税込)は429万円です。

 これに、可能な限りオプションを選択していきます。

 ボディカラーは全8色を用意していますが、このうち鮮烈な印象の「テラコッタオレンジマイカ」、レトロ感を強調するやわらかな「コーラルベージュメタリック」が44万円の設定で、もっとも高額なオプションです。

 また、車内を豪華に彩る全8色のパイピング&ステッチ入り「専用レザーシート」(38万2800円)、インパネやパワーウインドウスイッチなどの「専用加飾パネルセット」(8万2500円)も選択し、光岡のモデルらしさを追求したものを装着します。

 このほか、ベースのヤリスにも用意される安全装備として「自動防眩インナーミラー」(ドライブレコーダー付・5万3900円)、「ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ」(10万100円)、「パノラミックビューモニター」(3万3000円)も装着。ビュートとしてはこれまでになかった高い安全性を実現しました。

 パッケージオプション「コンフォートシートセット」では、ヘッドレスト別体のフロントシートが装備されるほか、空気清浄機能「ナノイーX」が装着されたり、LEDアンビエント照明などもセットされるお買い得オプションで、価格は6万2700円。こちらも選択します。

 さらに、非常時給電システム付き「アクセサリーコンセント」(4万4000円)、「寒冷地仕様」(2万5300円)を選んだところ、装着されるオプションを価格は下記のようになります。

●メーカーオプション(121万3300円)
 ・ボディカラーオプション「テラコッタオレンジマイカ」/「コーラルベージュメタリック」:44万円
 ・専用レザーシート:38万2800円
 ・専用加飾パネルセット:8万2500円
 ・自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付):5万3900円
 ・ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ:10万100円
 ・パノラミックビューモニター:3万3000円
 ・コンフォートシートセット:6万2700円
 ・アクセサリーコンセント:4万4000円
 ・寒冷地仕様:2万5300円
 (ブラインドスポットモニター・パノラミックビューモニター・寒冷地仕様の3点を選んだ場合の減額料金):-11000円

 これらを選択した結果、新型ビュート ストーリー ハイブリッド LX E-Fourの価格(消費税込)は550万3300円になりました。

※ ※ ※

 近年はコンパクトカーであっても、シックな色使いのエクステリアや加飾、上質な素材の内装を持つ「小さな高級車」が多くのメーカーから設定されており、日産「ノート オーラ」やホンダ「フィット LUXE」などが挙げられます。

 こうしたモデルは比較的販売も好調で、主に子育てを終えミニバンを卒業した層や、高級セダンなどを乗り継いできたシニア層など、小さな高級車への需要が高いことがうかがえます。

 最上級モデルのオプションフル装備のビュート ストーリーでは、安全装備も充実し、内外装も上級車顔負けといっても過言ではない仕上がりになりましたが、価格は他のコンパクトカーとは一線を画し、新型「アルファード」(Z ガソリン車 2WD)の540万円を超える、超豪華なものとなっています。

光岡・ビュート のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! 新型“小さな高級車”「ビュート ストーリー」を画像で見る(43枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー