まさにスズキ「“スイフト”スーパーカー」!? 400馬力超え「ハヤブサ」エンジン搭載で1トン切り!? スズキが見せた本気の「爆速マシン」に反響集まる

「グランツーリスモ」に登場する架空のレーシングカーシリーズ「ビジョン グランツーリスモ」。今回はスズキ協力の元作られた「スズキ ビジョン グランツーリスモ」についての、世間の反応を探ってみました。

“スイフト”感のあるスズキのレーシングカーに称賛の声

 1997年の発売以来、20年以上にわたって展開しているレースゲームシリーズ「グランツーリスモ」。本作には、様々な自動車メーカーから協力を得て作られた架空のレーシングカーが登場しています。
 
 今回紹介するのは「スズキ ビジョン グランツーリスモ」です。スズキの手掛けた架空のレーシングカーであり、その外観は迫力ある“スーパーカー”のようなデザインをしている一方で、各所に“スズキ車”らしい雰囲気もあります。そんな「スズキ ビジョン グランツーリスモ」を見た人の反応について、まとめました。

超カッコイイ…スズキ「Suzuki Vision Gran Turismo」
超カッコイイ…スズキ「Suzuki Vision Gran Turismo」

 プレイステーションシリーズで展開しているレースゲーム「グランツーリスモ」。3Dで描かれたクルマのリアルな挙動が人気を呼び、今ではレースゲームの代表的なタイトルとして知られています。

 2022年には最新タイトル「グランツーリスモ7」が発売。さらに2023年9月15日には実写映画の「グランツーリスモ」が公開され、大きな人気を集めています。

 そんな「グランツーリスモ」において、スズキの手掛けた架空のレーシングカーが「スズキ ビジョン グランツーリスモ」です。

 エクステリアのデザインは「スイフトスポーツ」のDNAと「カプチーノ」を想起させるロングノーズのシルエットを融合。特にフロントグリルの辺りには、見た瞬間“スイフトだ”と感じる形状をしています。

 パワートレインには、スズキのフラッグシップ・スポーツバイク「HAYABUSA」のエンジンをフロントミッドに採用。さらにモーターをフロント駆動用に2つ、リア駆動用に1つ追加し、最大432馬力、最大トルク62kgf-mを出力します。

 ボディータイプは2シーターオープンを採用。駆動方式はAWD仕様です。加えて、スズキの軽量化技術を駆使し、車体重量は1tを切る970kgまで絞っています。

 さらに「グランツーリスモ」のカーカテゴリー「Gr.3」に対応した「スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)」も存在しています。これはよりシンプルなFRレイアウトとなっており、パワートレインにはツインターボを装着したHAYABUSAのエンジンブロック2基を搭載。出力は最大586馬力にまでアップしています。

 外観を見ると、ベースよりさらに拡大したフロントスポイラーが目を惹きます。さらに前後ディフューザー、GTウィング、フロントフード中央にエアダクトを追加し、より強力なダウンフォースを獲得。また、各部のカーボン化によって、さらなる軽量化を図っています。

※ ※ ※

 2輪車のエンジンを搭載したレーシングカーという、スズキらしさ全開の「スズキ ビジョン グランツーリスモ」。今回は、同車の反応について探ってみました。

 架空車ということで、やはりその特徴的なデザインや性能に注目する人は多く「こんな過激なモデルがあったらなぁ……」「これ発売されたらマジで欲しい」「我慢を忘れたエンジニアが作ってるみたいでうれしい」といった声が上がっていました。

 その他、バイク乗りからも「隼エンジン2基って良いなぁ」「隼プロトタイプを思い出した」「鈴菌車は熱いぜ!」といった反応が出ており、スズキ「ハヤブサ」の遺伝子を受け継いでいる点は魅力の一つのようです。

【画像】めちゃカッコイイ! まるで”スイフトスーパーカー”な「Suzuki Vision Gran Turismo」を画像で見る(41枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー