横浜ゴムのジオランダーブランドから初のオールシーズンタイヤが登場! クロスオーバーSUV向け「GEOLANDAR CV 4S」を10月末に発売

横浜ゴムのクロスオーバーSUV向けオールシーズンタイヤ「GEOLANDAR CV 4S(ジオランダー・シーブイ・フォーエス)」が2023年10月末に発売されます。どのような特徴があるタイヤなのでしょうか?

ジオランダーシリーズからオールシーズンタイヤが初登場!

 横浜ゴムは、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」の新商品として、クロスオーバーSUV向けオールシーズンタイヤ「GEOLANDAR CV 4S(ジオランダー・シーブイ・フォーエス)」を2023年10月末に発売すると発表しました。販売は225/55R19~225/65R17の5サイズからスタートします。

横浜ゴムのクロスオーバーSUV向けオールシーズンタイヤ「GEOLANDAR CV 4S(ジオランダー・シーブイ・フォーエス)」
横浜ゴムのクロスオーバーSUV向けオールシーズンタイヤ「GEOLANDAR CV 4S(ジオランダー・シーブイ・フォーエス)」

「GEOLANDAR CV 4S」は、近年需要が増加しつつあるクロスオーバーSUV向けに開発されたタイヤです。横浜ゴムが新開発した非対称パターンとコンパウンドにより、ドライ性能、ウエット性能、そしてオールシーズンタイヤならではの雪上での走行性能を実現しています。

 急な降雪にも対応可能なことを示す「M+S(マッド&スノー)」規格と、国際基準で定められたシビアスノータイヤ条件に適合した証しである「スノーフレークマーク」を全サイズで獲得しており、冬用タイヤ規制やチェーン規制時の道路でも走行可能なタイヤとしています。

 さらにデザイン面では、横浜ゴムのオンロード指向オールシーズンタイヤとしては初となる、サイドウォール部へのブロックも配置されており、力強いイメージがあるSUVにマッチするデザイン性を備えていると言います。 

 オールシーズンタイヤはドライ・ウエット路面から雪道まで四季を通じてさまざまな路面状況に対応可能で、気温に左右されない走行性能が特徴です。一年を通じて使用できるため、突然の降雪時でも同じタイヤのまま走行できるほか、シーズンごとのタイヤ交換や履いていないタイヤの保管場所が不要になるというメリットもあります。

 ジオランダーシリーズはハイウェイテレーンからマッドテレーンまで幅広い路面に対応する製品を展開しており、クロスオーバーSUV向けの製品ではグランドツーリングタイヤ「GEOLANDAR CV G058」、ハイパフォーマンス・クロスオーバーSUV向けの「GEOLANDAR X-CV」、中・大型SUV向けの「GEOLANDAR H/T G056」を販売しています。

 横浜ゴムは、今回の「GEOLANDAR CV 4S」の登場によってジオランダーシリーズにもオールシーズンタイヤが加わり、多様化するSUV車保有ユーザーのニーズをさらに満たすラインナップになったとしています。

【画像】横浜ゴムの「「GEOLANDAR CV 4S」の製品特徴を画像で詳しくチェック!(26枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー