爆速「ターボSUV」! マツダ 新「CX-30」2.5ターボに「オシャ」仕様を新設定 約490万円から 米で発売

2023年9月19日、マツダの米国法人は新型「CX-30」2024年モデルを発表しました。商品改良が実施され、装備改善のほか新仕様も追加されています。

安全性能の向上や装備の充実を図った新型「CX-30」

 マツダは2023年9月4日、コンパクトSUV「CX-30(シーエックスサーティー)」のマイナーチェンジモデルを発表し、予約受付を開始しました。
 
 新型CX-30の正式発売は10月下旬の予定です。

オシャカラーがシブい! マツダ 新型「CX-30」米国仕様2024年モデル[写真は特別仕様車「2.5 Carbon Turbo(カーボンターボ)」]
オシャカラーがシブい! マツダ 新型「CX-30」米国仕様2024年モデル[写真は特別仕様車「2.5 Carbon Turbo(カーボンターボ)」]

 CX-30は「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに、2019年に新たにラインナップに加わったコンパクトSUVです。

 全長4395mm×全高1540mm×全幅1795mmと、都市部などで扱いやすいサイズとし、最低地上高175mmを確保しつつ、着座位置を最適化し乗降性も担保しています。

 室内パッケージングにも配慮し、コンパクトながら大人4人が快適に移動できる十分な空間を確保しています。

 機能面では、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を採用した新プラットフォームを採用し、走りの基本性能をアップ。

 パワートレインには当初、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」や、1.8リッターディーゼルターボ、2リッターガソリンの計3タイプのSKYACTIVエンジンを設定し、幅広い選択肢を用意していました。

 外観についても、同社のデザインテーマ「魂動デザイン」に基づき、シンプルな造形と光の移ろいを意識した形状とし、伸びやかなプロポーションとSUVらしい力強さや安心感をあわせ持つエクステリアデザインとしています。

 今回実施されたCX-30の商品改良では、安全装備の機能向上や新装備、新ボディカラーの追加が行われるほか、新たな特別仕様車が設定されます。

 まず安全面では、「AT誤発進抑制制御(前進時/後退時)」が、従来の「車・壁などの障害物」に加え「歩行者(前方)」も検知対象としました。

 またドライバー・モニタリングも進化し「わき見警報機能」を追加しています。

 装備面では、従来の8.8インチセンターディスプレイを大型化。新たに10.25インチに拡大したほか、モバイル端末のワイヤレス接続や、ワイヤレス充電機能を追加しています。

 さらにコネクティッドサービスも拡充。「見守りプラン」として、いたずらや盗難を検知するとガードマン派遣を行う「マツダマイカーケア」や、速度や運転時間などの設定条件になるとアラートを届ける「ドライバーケア」が設定されたほか、専用アプリによる「リモートエンジンスタート」機能も加わりました。

 ボディカラーでは、新たに「セラミックメタリック」「ジルコンサンドメタリック」が設定されています。

マツダ・CX-30 のカタログ情報を見る

【画像】めちゃ「カッコいい!」 マツダ新型「CX-30」を画像で見る(43枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー