ホンダが新型「N-VAN e:」を世界初公開! 100万円台で買える…!? 24年春発売の軽バンは何が凄いのか

ホンダは、2024年春に発売を予定している新型軽商用EV「N-VAN e:(エヌバン イー)」に関する情報を、本日ホームページで先行公開しました。

新型軽商用バン「N-VAN e:(エヌバン イー)」初公開

 2023年9月28日にホンダは、2024年春に発売を予定している新型軽商用EV「N-VAN e:(エヌバン イー)」に関する情報を、本日ホームページで先行公開しました。

 どのような特徴があるのでしょうか。

2024年春発売のホンダ新型「N-VAN e:」
2024年春発売のホンダ新型「N-VAN e:」

 2022年12月7日にホンダは軽バン「N-VAN」をベースとした「新型軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売することを明らかにしました。

 ホンダとして日本市場でのBEVは、商用車における環境負荷低減の観点で企業の電動化に対するニーズが非常に高いことから、商用EVを皮切りに軽EVを展開していくとしています。

 そして今回詳細が明らかにされたのが「N-VAN e:」です。

 エクステリアデザインは、従来のN-VANのデザインを踏襲しつつ、使用済み自動車のバンパーをリサイクルした「バンパーリサイクル材」をフロントグリルなどに使用しています。

 インテリアデザインは、使いやすいスクエアな空間やニーズに合わせてフレキシブルに使える収納、エアコン操作部やシフトポジションスイッチなどの機能をドライバー席側に集中配置するなど、利便性を向上させているようです。

 またパッケージとしてN-VAN e:は、ベースとなるN-VANの積載性や空間価値をBEVとしても変わらず実現し、誰もが運転しやすいモデルとなります。

 荷室のフロア下に搭載するバッテリーを薄型化し、床はフラットで低く、天井は高くすることで、広く大容量な荷室空間を実現。

 また、助手席からリアシートまでフラットにすることで、長尺の荷物を積むことが可能。さらに助手席側のセンターピラーをなくした大開口部により、横からも大小さまざまな荷物の積み降ろしがしやすくなっていると言います。

 パワーユニットは電動アクスルの小型化、大容量かつ薄型化したバッテリーを採用。

 高電圧部品の集中配置により、商用車に必要な荷室空間と実用航続距離を確保しています。

 配送業務に十分対応する航続距離としてWLTCモードで210km以上を目標に開発。

 また、エアコンの消費電力を抑え、実用航続距離の延長に寄与するECONモードを設定しています。

 このパワーユニットに加えて、BEVならではのスムーズな走りだし、荷物の重さを感じさせないパワフルさ、低重心化による走行安定性を実現。

 また、低振動・低騒音によりガソリン車に比べ走行時や停車中の音を軽減し、早朝や深夜でも静かに移動・配送することが可能だと言います。

 加えて、ブレーキ操作に対してリニアに反応する電動サーボブレーキを軽商用バンとして初採用。

 これにより減速時に安心感のあるブレーキフィールを提供するとともに、スムーズなブレーキの掛かり方で、車内の積載物を荷崩れさせづらいコントロール性を実現しました。

 また、積載時及び降坂時の走行性能に配慮し、ブレーキディスクローターのサイズアップや、Dレンジと比べて減速度を大きくするBレンジを設定。

 これらにより、ホンダは商用車に必要とされる「運転しやすい、疲れにくい、安心できるクルマ」を提供するとしています。

【画像】「えっ…!」 ホンダ新型軽バンの車中泊仕様はこうなる? カッコいいデザインです!(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー