マツダSUVの「MT車」ついに全滅!? 「CX-5/CX-30/CX-3」改良で“AT車のみ”へ! MTラインナップ縮小の理由とは?

SUVにもMT車をラインナップしていたマツダですが、「CX-5」「CX-30」「CX-3」の改良モデルでMT車が廃止されることが明らかになりました。一体何があったのでしょうか。

マツダSUVからMT車が消える!?

 多くのモデルにMT(マニュアルトランスミッション)を設定していたマツダですが、ここへきて、MT車のラインナップが一気に減少しています。
 
 とくにSUVでは、2023年10月中旬に発売される「CX-5」「CX-30」の改良モデルでMT車が廃止されるほか、2024年2月発売予定の「CX-3」(改良モデル)でもMT車のラインナップが姿を消すことになりました。

「CX-5」のMT車
「CX-5」のMT車

 これにより、マツダSUVのMT車が全滅し、AT車のみとなるわけですが、一体何があったのでしょうか。

 2014年に2代目へと全面刷新したCX-5は、2018年に商品改良でディーゼルモデルに6速MTを追加。CX-3は2015年、CX-30は2019年にそれぞれデビューしたときから6速MTが設定されていました。

 今回、SUVのMTがすべて廃止された理由についてマツダは次のように説明します。

「『一括企画』により、当初はすべてのマツダ車で同じようなドライバビリティを味わえることをイメージしていました。

 しかし実際は、SUVにおいてMT車の需要は少なく、ユーザーのためには残すべきではあるものの、ビジネスとしては廃止せざるを得ないと判断しました」

 CX-5にMT車が追加設定されたときは、欲しい人に早々に行き渡り、その後の販売が伸びなかったという話も聞かれました。

 なお、「マツダ6セダン/ワゴン」においても2022年12月の改良時にMT車を廃止しており、現在のマツダ車でMT車が残っているのは「マツダ2」「マツダ3セダン/ファストバック」「ロードスター」のみです。

 スポーティな走りを楽しめるマツダ2、マツダ3セダン/ファストバック、ロードスターのMT車は引き続きラインナップする方針であり、車種の特徴を考慮して“棲み分け”をおこなうことで効率化を図るようです。

【画像】「えっ…!」 レトロ感スゴい! カッコ良すぎる新型「CX-5」画像を見る(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー