予想20億円!? 32台だけ製造されたフェラーリ「伝説の爆速モデル」が競売に登場 その数奇な経歴とは

ル・マンにも出場した1964年製造のフェラーリ「250LM スカリエッティ」が、オークションに出品されました。落札には達しル・マンンでしたが、その予想価格は20億円ともいわれていました。

1964年製造の「250LM スカリエッティ」が出品

 現地時間で2023年8月17日から19日にかけて、RMサザビーズ・モントレー・オークションが開催。そこに1964年製造の「250LM スカリエッティ」が出品されました。

 フェラーリのクラシックカーで、すさまじい価格になることも珍しくないといいますが、今回は落札に至らず。しかし海外メディアでは取引価格が20億円と予想されていました。

フェラーリ「250LM スカリエッティ」
フェラーリ「250LM スカリエッティ」

 エンツォ・フェラーリによって、戦後すぐに様々なレースへ参戦してきたフェラーリ。今回出品された「250LM スカリエッティ」も、そのようなフェラーリの活躍華やかなりしき頃である1964年に製造された車両です。

 この250LMは、1963年のル・マン24時間レースで優勝したマシンであるフェラーリ「250P」をベースに開発されています。当時、フェラーリは250LMをル・マンのGTクラスに出場させるつもりでした。

 しかし当時の大会運営委員会が「製造台数が不十分」という理由で、250LMへのホモロゲートを拒否。そのため、車両の生産はわずか32台で打ち切られてしまいました。

 今回出品された車台番号「6053」は、その32台のうち22番目に生産された車体です。最初のオーナーはイギリス人ドライバーのGeorge Drummond氏。それからシルバーストーンのレースなどで複数回の優勝を果たした後、1966年のデイトナ24時間レースにも出場しました。

「6053」はその後、さらに別のドライバーに売却され、1968年のル・マン24時間レースに出場。この時はどうやら製造当時とは規定も変化していたため、出場が叶ったようです。

 その後も何度か所有者を変えており、一時期は日本の三菱商事やコレクターが保有していた時もあったそうです。そして2018年に所有者が変わった際、「6053」号はフェラーリによるレストアを受けました。

 そのため、車体状態は良好そのもの。またこの時に、フェラーリから本物の車両である認定を受けたそうです。

 特筆すべきは、大きなクラッシュを経験しておらず、また、シャーシや車体番号が一致していて、エンジンなども揃っていることでしょう。半世紀以上前のレーシングカーという点を鑑みると、すばらしい状態と言って良いはずです。

※ ※ ※

 さほど多くないものの、250LMはいくつかオークションに出品されています。

 参考までにRMサザビーズの出品車両を見ると、2013年に出品された個体が1430万ドル(約20億円)で落札されたのを皮切りに、だいたい13億円から25億円ほどで取引されています。

 その点を踏まえると、今回の「250LM スカリエッティ」に今後20億円の価値が付いてもおかしくなさそうです。

【画像】この曲線美は芸術! 往年の爆速フェラーリ「250LM スカリエッティ」を画像で見る(16枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー