ホンダが新型「スポーティSUV」発売! ハイパワー&イケ顔の“RS”もアリ! 新型「CR-V」比で544万円から

2023年9月13日、ホンダのフィリピン法人は、新型「CR-V」を発売しました。このCR-Vは、日本では販売されていない6代目となるモデルです。

ホンダ新型「CR-V」発売! スポーティな“RS”もアリ!

 2023年9月13日、ホンダのフィリピン法人は、新型「CR-V」を発売しました。

これはカッコイイ! ホンダ新型「CR-V」
これはカッコイイ! ホンダ新型「CR-V」

 CR-Vはホンダの主力クロスオーバーSUVで、初代モデルが1995年に登場。先代にあたる5代目モデルまでは、日本でも販売されていました。

 現行モデルは6代目で2022年7月から世界各国で順次販売されていますが、2023年9月の時点で日本では販売されておらず、海外専用モデルとなっています。

 今回フィリピンで発売された新型モデルは、この6代目CR-Vです。

 ボディサイズは、全長4691mm×全幅1866mm×全高1681mmとトヨタ「ハリアー」と同等のサイズ感。ホイールベースは2660mmに設定されています。

 エクステリアは、洗練された力強いスタイリングを採用。水平方向のラインを新たに採用することで、大きくなったボディを強調しています。

 また、Aピラーを約15cm前方に配置することで、ワイドなプロポーションと良好な視界を実現し、ドアマウント型サイドミラーも新たに採用しています。

 インテリアは、ダッシュボードやステアリングなど、キャビンの様々な要素へのピアノ調仕上げを行うほか、レザーのシートやステアリングを採用し高級感を演出。ホンダの新しいデザインコンセプトに沿ったモダンかつスポーティな印象としています。

 パワートレインは、通常グレードに搭載される最高出力190馬力・最大トルク240Nmを発揮する1.5リッターターボエンジンと、最高出力148馬力・最大トルク183Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒エンジンに、最高出力184馬力・最大トルク335Nmを発揮するモーターを組み合わせた「e:HEV」仕様を用意。このe:HEV仕様は、スポーティーなRSグレードのみに設定されます。

 また、RSグレードでは、RS専用グリルや、パノラマサンルーフ、ピアノブラックのウインカー付きサイドミラー、LEDフォグランプ、ピアノブラックアクセントのボディ同色リアスポイラー、RS専用18インチホイールなどが標準装備され、スポーティな印象に仕上がっています。

 最新世代の運転支援技術である「Honda CONNECT」フィリピンで初めて搭載するほか、運転支援技術の「Honda SENSING」などハイテク機能も全グレードに標準装備。

 価格は、通常グレードが210万フィリピンペソ(約544万円)、RSグレードが259万フィリピンペソ(約671万円)です。通常グレードは9月13日に発売されましたが、RSグレードは2023年10月までに発売される予定です。

ホンダ・CR-V のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! RSが良すぎる新型「CR-V」を画像で見る(41枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント