いすゞ新型「3列シートSUV」発表! ド迫力の旗艦モデル 新型「MU-X」に待望の声も!「いすゞファン」は南アでの発売をどう見たのか?

いすゞの南アフリカ法人は2023年8月、大型SUV「MU-X」に新グレードを追加し発売しました。かつて日本でも乗用車を展開していた同社の最新フラッグシップSUVということで、SNSでも様々な評価が投稿されています。

いすゞの「最上級SUV」がファンの心を鷲掴み?

 いすゞの南アフリカ法人(以下、いすゞ)は2023年8月、大型SUV「MU-X」に新グレードを追加し発売しました。
 
 この新型MU-Xは、かつて日本でも乗用車を展開していた同社が現在販売しているフラッグシップSUVということもあり、SNSでも話題となっているようです。

いすゞ新型SUV「MU-X」
いすゞ新型SUV「MU-X」

 新型MU-Xのボディサイズは、全長4850mm×全幅1870mm×全高1820mm。

 高級感のあるデザインと広々としたキャビンが特徴で、SUVでありながら室内に3列シートを備えているためミニバンのように使用することが可能です。

 これまでは3.0リッターエンジンのみを搭載していたMU-Xですが、今回のグレード追加で新エンジンがラインナップ。

 最高出力110kW・最大トルク350Nmを発揮する、1.9リッターの4気筒ターボディーゼルエンジンが新採用されました。

 このエンジンは力強さと高い耐久性を備えており、さらに最新の6速ATと組み合わされたことで優れた燃費性能も実現しています。

 今回追加された新グレードは、価格を抑えながらも安全性や利便性を高める装備をしっかり搭載した、コストパフォーマンスの高さが特徴。

 さらに、長距離運転時の疲労を軽減するクルーズコントロールや駐車操作が簡単になる前後のパーキングセンサーとリアビューカメラ、7インチのタッチスクリーンなどの快適装備も装備されており、それでいてMU-X史上もっとも低い価格を実現しています。

 これまで価格面でMU-Xの購入を諦めていたユーザーにとって、追加された新グレードは魅力的な提案と言えるでしょう。

※ ※ ※

 この新型MU-Xについては、かつて日本でいすゞの乗用車に乗っていた人などからSNSで様々な反響が寄せられており、「凄くカッコいい!」「いすゞのデザインめっちゃいいじゃん」「デザインが好みです!」などデザインへの高評価とともに、「いすゞの乗用車復活は夢」「日本でも売ればいいのに…と思うけど、そう簡単じゃないんだろうね」と、日本市場にも導入して欲しいという声が。

 また、「ゴッツイ見た目なのにエンジンは意外と小さいんだね」「1.9リッターなら維持費も抑えられそう」といった、新型MU-Xの使い勝手が想像以上に良さそうで驚いたというコメントも。

 そのほか、「いすゞが好きで、今もいすゞ乗用車に乗っています」「いすゞは時代に早すぎた面白い車を作ってたよね」「海外でいいからビークロスを復活させてほしい」「名車フローリアンも忘れないで!」「いすゞがんばれー!」など、いすゞ好きからの熱い応援コメントが数多く投稿されていたことも印象的で、ファンからの根強い支持は現在でも続いていることが伝わりました。

※ ※ ※

 新型MU-Xの車両価格は、現地価格で96万600ランドから70万8000ランド、日本円に換算して約540万円から約732万円です。

【画像】これはカッコイイ! いすゞ最上級SUV新型「MU-X」を画像で見る(79枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. もしこれが日本で販売されていたら、このブランドと価格を比べてみんなが飛びついただろうか。
    いすゞはその辺を冷静に判断したんだと思う。

  2. いすゞMU-Xの日本販売を強く希望します。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー