約2000馬力で3億円超! 世界最強の新型「爆速スポーツカー」が日本初公開! 「雷嵐」の名を持つ超高級ハイパーカーには「すでに購入者が存在」!?

主に希少車の輸入販売を手掛けるBINGOは2023年9月13日、クロアチアの電気スーパースポーツカー「ネベイラ」を日本で初披露しました。とてつもない加速力を備えたクルマといいますが、一体どのようなモデルなのでしょうか。

「世界最速」の称号が日本発売

 主に希少車の輸入販売を手掛けるBINGOは2023年9月13日、同社が日本販売代理店を担うクロアチアの電気自動車メーカーRimac Automobili(以下、リマック)のスーパースポーツカー「ネベイラ」を日本で初披露しました。
 
 リマックの公開はBINGOとパートナーシップ契約を締結しているオートバックスセブンの新店舗、「ARTA MECHANICS & INSPIRATIONS」(東京都江東区)で同年9月13日から15日まで行われ、さらに9月16日にはモビリティリゾートもてぎ 南コース(栃木県茂木町)にてテストドライブも開催するといいます。

3億円超の爆速スポーツカー! リマック「ネベイラ」
3億円超の爆速スポーツカー! リマック「ネベイラ」

 リマックは2009年に設立された、クロアチアのスベタネデリャを拠点とする電気自動車(EV)メーカーです。

 2011年にはドイツで開催されたフランクフルトモーターショーでスーパースポーツカーのコンセプトモデル「コンセプト・ワン」を発表。

 このモデルは4輪すべてにモーターを搭載し、最高出力は1088馬力。2.8秒で時速100kmに到達する怒涛の加速力を備えており、またボディデザインは名門カロッツェリア「ピニンファリーナ」出身のデザイナーが担当するなど、見どころ満載のクルマでした。

 2019年には、コンセプト・ワンをさらに進化させた「コンセプト・ツー」をスイス・ジュネーブモーターショーで公開し、デザインの一新とともにパワーユニットの大幅な強化が行われ、最高出力は1914馬力に到達。時速100kmまでの到達時間は1.85秒にまで縮められました。

 今回日本初公開されるネベイラは、このコンセプト・ツーをベースに市販化に向けてさらなる改良を加えたモデルです。

 特徴である強烈な加速力はコンセプト・ツーで示された値と同等のもので、公表値のシステム最高出力1914馬力・最大トルク2360Nmを発揮。1.81秒で時速100kmに到達し、最高速度は時速約412kmと発表。

 世界のスポーツカーがベンチマークとしているドイツの名門サーキット「ニュルブルクリンク」のタイムは、7分05秒298を記録していますが、走りのみに特化せずフル充電すれば490kmもの長距離の航続も可能。全世界150台限定の生産を予定しています。

 またネベイラという車名は、クロアチア近隣で発生する「雷を伴う激しい嵐」を由来とするもの。電気の力で激しい加速力を発揮する同車に合致するユニークな命名と言えるでしょう。

 気になるネベイラの価格は200万ユーロで、日本円に換算し約3.1億円という超高級車ですが、すでに日本でも購入契約が進んでいるといい、運が良ければ公道で目撃できる機会があるかもしれません。

【画像】「えっ…!」 これが3億円の超スーパーカー「ネベイラ」です(62枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー