クルマ買うにも時期がある? 「値引き」増えおトクな狙い目はあるのか

時期による差はほぼない!? 現役の新車営業マンが語る事情

 神奈川県内に店舗を構える、国内メーカー新車ディーラーの営業担当者に詳しく話を聞きました。

――3月は値引きが増えるわけではないのですか?

 確かに年度末である3月は需要も増え、「買いやすいクルマを多く用意する時期」です。それは、グレードやオプションがあらかじめ決められたクルマで、納期が早いものになります。というのは、販売契約を交わすだけでなく、年度内にナンバー登録されることが重要だからです。そうしたクルマは多少値引きされるかもしれませんが、たとえば納車までに時間がかかる高級車も値引き額が増えるかといえば、ほかの時期と大して変わらないと思います。

――では3月以外の時期はどうでしょうか?

 強いていえば、半期の区切りである9月も、3月と同様です。1年を通じて、月の下旬は販売台数を増やすために値引きすることもあるでしょう。しかしそれは店の状況次第であり、十分な実績があれば無理して値引きはしないと思います。

――以前と状況が変わってきたということでしょうか?

 ええ。業界全体として、以前のような値引き合戦をしていません。なぜならば、値引きが多く行われたクルマは市場価値が下がる可能性があり、将来的な下取り価格に影響することもあります。お客様のクルマの価値を守る意味でも、過剰な値引きを控えています。

※ ※ ※

 3月や9月は値引き販売もあるということで、確かに新車を買う「旬」はありました。しかしそれはかつてのような激しい値引き合戦が繰り広げられるわけではないといい、また車種によっても販売店の状況によっても異なってくるそうなので、やはり一概には言えないようです。

【了】
提供:乗りものニュース

1 2 3

この記事の写真一覧

最新記事