新型「超高級ミニバン」にまさかの「真っ黒バンパー仕様」アリ!? 「Sクラス顔」だけどめちゃ“質素”な「ベンツバン」存在!

メルセデス・ベンツが2023年7月27日に発表した新型ミディアムサイズバンのなかでも、最廉価モデルはシンプルな装いとなっており、異なる印象をもたせます。どのようなモデルなのでしょうか。

Sクラス顔なのに真っ黒バンパー装備!?

 メルセデス・ベンツは2023年7月27日、新型ミディアムサイズバンを発表しました。
 
 日本においても上級乗用モデルが「Vクラス」として展開されていますが、実はブラックのバンパーを装備するベーシックなモデルが存在します。

激シブな「真っ黒質素仕様」も存在
激シブな「真っ黒質素仕様」も存在

 メルセデス・ベンツのミディアムサイズバンのうち、高級ミニバンモデルにあたるVクラスは1998年に発売。

 LCV(ライトコマーシャルヴィークル=商用バン)「ヴィト」をベースに上質な内外装に仕立てており、トヨタ「ハイエース」(300系・海外モデルのLCV)と「グランエース」(国内向け・高級乗用モデル)のような成り立ちです。

 現行型は3代目で2014年に発表。今回登場したのは現行型の改良モデルで、主にデザインや運転支援機能が刷新されました。

 エクステリアは、全モデルで異型の大型ラジエーターグリルを装備して存在感を向上したほか、Vクラスではグリル周囲にLEDライトを装備して、輪郭を強調するアクセントを採用。最上級セダン「Sクラス」に匹敵する迫力のあるスタイリングとなりました。

 シリーズ最上級モデルとなる「Vクラス EXCLUSIVE(エクスクルーシブ)」では歴代初となるボンネットマスコットを装着し、ステータス性を高めています。

 ベーシックな商用モデルにあたるヴィトでは、EVモデル「eヴィト」を含む全車にこのデザインのグリルが採用されていますが、こちらはメッキ加飾のない無塗装ブラックのものが装着されています。

 さらに、ヴィトの最もベーシックなモデルではフロントバンパーも無塗装でブラックとなり、Vクラスとは全く異なった印象をもたせます。

 リアは新デザインのバンパーやLEDテールライトを装備、テールライトは光ファイバーで構成され、縦に光ることで高級感を演出しています。

 インテリアは、デジタルメーターやタッチスクリーンを備えた最大12.3インチのインフォテインメントシステム「MBUX」、スマートフォンのワイヤレス充電などを新たに設定。

 MBUXでは学習言語アシスタント「Hey Mercedes」が利用でき、最大7つのプロファイリングによって車両設定項目を記憶し、クルマを最適化できるとしています。

 また、デジタル化をはかったとともに、最新のメルセデス・ベンツに共通するタービンエンジンモチーフのエアダクトや新形状のステアリングを採用するなど、新型であることを視覚的に強調するといいます。

 ヴィトでは5.5インチのカラーディスプレイ付きメーターと10.25インチのインフォテインメントシステムを組み合わせています。

 運転支援機能では、クロストラフィック機能付き緊急ブレーキ、レーンキープ・ステアリングアシスト、ブラインドスポットアシスト、ヘッドライトアシストなどがヴィトを含む全モデルで標準装備。緊急ブレーキには新たに交差点での横断者や対向車などにも対応し、機能を高めています。

 これに加え、VクラスとEVモデル「EQV」にはアダプティブクルーズコントロール、自動駐車機能が設定されています。

 新型ミディアムサイズバンシリーズについて、現在のところメルセデス・ベンツ日本法人から国内への導入などの詳細情報は公表されていませんが、Vクラスはこれまで通り国内に正規に導入されるとみられます。

 なお、これまで導入のなかったヴィトやeヴィト、EQVに関しては、どのような展開を迎えるのか注目です。

メルセデス・ベンツ・Vクラス のカタログ情報を見る

【画像】まるで一流ホテル? 豪華内装の「Vクラス」を画像で見る(46枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー