「ただ観戦するだけじゃない!」 アクティビティ体験&宿泊がセットになった「ホスピタリティパッケージ」 ラリージャパンに登場

2023年11月に開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)の最終戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」で「ホスピタリティパッケージ」が新設されました。

ラリージャパン2023の観戦体験を、よりスペシャルなものに。

 2023年7月21日にラリージャパン2023実行委員会は、同年11月に開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)の最終戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」において特別な「ホスピタリティパッケージ」を新設したと発表しました。

豊田スタジアム“スーパールーム”を使用したプランも登場!(画像はラリージャパン2022 セレモニアルスタート式の様子)
豊田スタジアム“スーパールーム”を使用したプランも登場!(画像はラリージャパン2022 セレモニアルスタート式の様子)

 今回新設される「ホスピタリティパッケージ」とは、トップカテゴリーの観戦チケットに特別な空間とお食事やドリンク、アクティビティなどを組み合わせることでラリージャパンの観戦を「特別な1日」にするために用意されたパッケージプランです。

 ホスピタリティパッケージなどの観戦スタイルは欧米を中心に広く普及しており、日本でもラグビーワールドカップ2019日本大会で実施されました。

 今回、フォーラムエイト・ラリージャパンで初となる公式ホスピタリティパッケージでは、主に以下のプランをご用意しました。詳細は、下記ホスピタリティ公式サイトからご確認ください。

 ■主なプラン内容

 ●豊田スタジアム内”スーパールーム”で滞在・観戦できる「Room Hospitality」
 1DAYプラン 11/16~11/18:15万円-25万円、11/19:2万5000円他
 食事とドリンク、オリジナル記念ギフトに加えて、チームブースの見学などの体験メニューも。

 ●豊田スタジアム最上位カテゴリー席で観戦&屋外専用エリアに滞在できる「Riverside Hospitality」
 1DAYプラン 11/16~11/18:5万円-9万円、11/19:1万5000円他
 EXプレミアム席での観戦(19日は除く)、食事とドリンクやラリーカー(国産車)同乗でのコース走行体験など。

 ●山間地でのSS観戦と送迎がセットになったパッケージ(伊勢神SS,岡崎市SS,旭高原SS)
 1DAYプラン:35万円
 専用エリアでの観戦、お食事とドリンク、名古屋市や豊田市からのバス送迎なども。

※ ※ ※

 なお各プランは、2023年8月1日18時よりチケットが発売される予定です。

【画像】ちょっと複雑? ラリージャパンのチケット料金&SSマップを写真で見る!(10枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー