トヨタ「ハイエース」の特別仕様!? 激レアの「5MT×3000ccディーゼル」搭載! “赤いランプ”完備の謎仕様「Ambulance」比で発見

もはや商用バンの代名詞と言っても過言ではないトヨタ「ハイエース」。日本で販売される現行型は5代目の200系ですが、フィリピンでは200系の“救急車仕様”が用意されています。

救急車仕様が買える?

 もはや商用バンの代名詞と言っても過言ではないトヨタ「ハイエース」。日本で販売される現行型は5代目の200系ですが、国外では6代目となる300系も登場しています。
 
 販売される地域によっては200系のみ販売している地域も300系を販売している地域も存在しますが、これら両方を扱う地域もあります。
 
 フィリピンも200系と300系を併売する地域ですが、なんとフィリピンにはカタログモデルで“救急車仕様”が用意されています。

フィリピンで販売されるトヨタ「ハイエース Ambulance」
フィリピンで販売されるトヨタ「ハイエース Ambulance」

 ハイエースは、商用車としてあらゆる用途で活躍するワンボックス型バン。そのデザインや利便性もあってか、商用だけでなくアウトドアレジャーや車中泊などを楽しむ一般の個人ユーザーからも絶大な支持を集めており、路上を歩けば必ず1台は遭遇する、馴染み深いクルマです。

 前述の通り日本で販売されるのは、5代目となる200系ハイエースで、すでにデビューから19年以上が経過し、次期型の登場も常に期待されている状況です。

 ですが、国外では後継モデルとなる6代目の300系ハイエースがすでに登場しています。この300系は、空間効率性の高いキャブオーバータイプの200系に対しボディサイズを拡大するとともに、安全性や整備性の高いセミボンネットタイプとなっています。

 日本では300系ハイエースをベースにした大型ワゴン「グランエース」がラインナップされているものの、商用バン仕様の300系新型ハイエースは、ボディサイズが大きすぎるためか、日本国内では販売されていません。

 しかし国外では、300系の販売のみならず200系も継続販売している“併売”の地域もあります。その地域のひとつがフィリピンです。

 フィリピンの200系ハイエースは、日本の仕様と大きくは変わりませんが、左ハンドルとなっているほか、パワートレインが違います。

 日本で販売される200系ハイエースのパワートレインには、2.8リッターディーゼルエンジン、2.7リッターガソリンエンジン、2.0リッターガソリンエンジンの3種で、組み合わされるトランスミッションは6速ATのみですが、フィリピンの200系ハイエースには3.0リッター直列4気筒ディーゼルエンジン“1KD-FTV”が搭載され、組み合わされるトランスミッションは5速MTのみとシンプルな構成です。

 装備も全体に簡素なこともあり、プロユース向けの色合いも濃いフィリピンの200系ハイエースですが、日本では一般販売されていない “救急車仕様”「Ambulance(アンビュランス)」も通常のカタログモデルとして用意されています。

 Ambulanceには通常とは違う救急車用の装備が用意されています。

 エクステリアでは、簡易的なルーフキャリアの上に赤と青の回転灯が備わるほか、AMBULANCEの文字ロゴステッカーがボディ各所にあしらわれます。

 インテリアには、前席の他に、格納式のシートが2つ後席に備わり、スパインボード(担架)用の固定器具や、点滴ホルダーや酸素ボンベブラケットも装備されます。

 価格は、149万9000フィリピン・ペソ(約384万円)。ちなみに通常のハイエース(カーゴ)は116万6000フィリピン・ペソ(約298万円)、多人数乗車可能なバス(コミューター)は137万9000フィリピン・ペソ(約353万円)です。

※ ※ ※

 フィリピンでは救急車仕様も用意され、19年以上もほぼ変わらない姿で存在する200系ハイエースですが、ここに来て一部メディアやSNSなどで、 “現状の販売枠で受注が終了する”とささやかれており、200系同等サイズで日本独自の新型モデルが登場するのではないかと期待されています。

 200系ハイエースの“次期型モデル登場”となるのか、注目です。

【画像】緊急車両としても大活躍! トヨタ「ハイエース Ambulance」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー