レクサスの新型「超高級ミニバン」今秋発売! 「アルヴェル」超えのリセールバリューは「LM」に期待出来るのか

2023年秋にはレクサスから新型「LM」の日本国内導入が控えています。では、気になるリセールバリューはどのようになるのでしょうか。

新型LMを検討するなら残価率を要チェック!

 トヨタの新型「アルファード/ヴェルファイア」が話題となっていますが、2023年秋にはレクサスから新型「LM」の日本国内導入も控えています。
 
 新型LMは、法人ユーザーがおもなターゲットになると見られることもあって、そのリセールバリューにも注目が集まっています。

日本では2023年秋頃の発売が予定されているレクサス新型ミニバン「LM」
日本では2023年秋頃の発売が予定されているレクサス新型ミニバン「LM」

 2023年6月21日にトヨタは新型アルファード/ヴェルファイアを発売しました。

 およそ8年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型では、高級ミニバンとしての性格がさらに強められており、企業や官公庁によるショーファーニーズにも十分に応える仕上がりとなっています。

 一方、新型アルファード/ヴェルファイアの登場に先駆けて、2023年4月には2代目となる新型LMが中国・上海で世界初公開されました。

 新型LMは2023年秋頃にも日本国内へと導入されることが明らかとなっており、新型アルファード/ヴェルファイアと合わせて高級ミニバンというカテゴリーをリードする存在となることが期待されています。

 日本における新型LMの価格は明らかとなっていませんが、新型アルファード/ヴェルファイアの最上級グレードである「エグゼクティブラウンジ」のさらに上をいく価格となることが確実視されています。

 そうなると、おもなターゲットは法人となります。
 法人の場合、節税メリットなどの関係からリース契約をすることがめずらしくありませんが、その際に重要となるのがリセールバリューです。

 リース契約は一定期間後に車両を返却することを前提としているため、返却された時点で「どの程度の価値があるのか」つまりどの程度のリセールバリューがあるのかによって月々の支払額が大きく変化します。

 たとえば、「車両価格は低いがリセールバリューも低いクルマ」と「車両価格は高いがリセールバリューも高いクルマ」をリース契約した場合、両者の月々の支払額はそれほど変わらないばかりか、場合によっては後者のほうが安く済むという逆転現象が起こることもあります。

 リセールバリューの目安となるのが各メーカー(販売会社)が設定している残価率です。

 残価率は、過去の販売実績や中古車市場での需要などによって設定されるもので、一般的には3年後の残価率が50%以上あれば「リセールバリューのよいクルマ」であると言えます。

 残価率が高ければ高いほど、月々のリース料も低く抑えられる傾向があります。

 つまり、新型LMを検討する法人にとっては、LMの車両価格と同じかそれ以上に、残価率がどの程度に設定されるのかに注目する必要があるというわけです。

【画像】これはヤバい! 凄すぎる新型LMの豪華内装を写真で見る!(37枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー