横浜ゴムの「ADVAN V03」がトヨタ新型「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着タイヤに採用

横浜ゴムは、トヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着用タイヤとして、「ADVAN V03」の納入を開始したと発表しました。

「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着用タイヤとして「ADVAN V03」の納入を開始

 横浜ゴムは2023年6月26日、トヨタ自動車が2023年6月に発売を開始した新型ラグジュアリーミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着(OE)用タイヤとして、「ADVAN V03(アドバン・ブイゼロスリー)」の納入を開始したと発表しました。「アルファード」の装着サイズは225/65R17 102Hと225/60R18 100H、「ヴェルファイア」の装着サイズは225/65R17 102Hです。

「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着用タイヤとして採用された「ADVAN V03(アドバン・ブイゼロスリー)」
「アルファード」「ヴェルファイア」の新車装着用タイヤとして採用された「ADVAN V03(アドバン・ブイゼロスリー)」

「ADVAN V03」は、横浜ゴムのグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」シリーズのハイパフォーマンスタイヤです。今回装着されたタイヤの開発では、パターン、プロファイル、タイヤ構造に対し車両特性に合わせた専用のチューニングを施すとともに、横浜ゴム独自のAI利活用フレームワーク「HAICoLab(ハイコラボ)」による進化計算(遺伝的アルゴリズム)により導き出した最適なピッチ配列を採用することで、「アルファード」「ヴェルファイア」にふさわしい高い操縦安定性と快適な乗り心地、静粛性を実現。さらに軽量化設計により、転がり抵抗を低減したといいます。

「HAICoLab」は「Humans and AI collaborate for digital innovation」をもとにした造語で、横浜ゴムは「人間特有のひらめき」や「発想力」と「AIが得意とする膨大なデータ処理能力との協奏」によって新たな発見を促し、デジタル革新を目指すとしており、「ADVAN V03」においても現実データとシミュレーションにより生成、収集した仮想データを用いたAIによる予測や分析、探索を行い、開発に活用したとのことです。

 横浜ゴムは、2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そして「ウインタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げ、「ADVAN」および「GEOLANDAR」の新車装着拡大に取り組むとしています。

【画像】横浜ゴムの「ADVAN V03」が装着された「アルファード」と「ヴェルファイア」の画像を見る(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー